インタビュー記事へ戻る


ハードウッドの塀とゲート全てフルオーダーのオリジナルデザインです。
樹形の綺麗なドラセナや下草も全てバランスを考えて配しました。
ゲートは大小2つの扉にしお施主様の希望によりゴツイデザインにし鍵はなどの金物は正面からは見えないようにしています。
塀の下部には水道メーターがあるので検針出来るように開閉できるように工夫しました。
旗竿敷地の為玄関までの誘引の目的で地面(コンクリート)にはオリジナルのアイアンで”エントランス””ウエルカム”のモニュメントを埋め込みました。
サーファーのお施主様のご要望によりイタリア製デカヘッドシャワー水栓を設置しています。
木塀の表札も完全オリジナルのアイアンです。塀の右上部にはお施主様のお子様がペリカンに乗ったデザインのウエルカムペイントを施しています!(写真からおこしています)
ミルク缶の傘立て(これにもお子様が傘を差した絵が!)が素敵です!



全体的にクールなデザインとしておりますが手摺に注目です。
既製の手摺でこちらの現場にはまるカッコいいものがなかったので思い切って完全オリジナルでデザイン設計し制作してしまいました!
水平ラインを基調にフラットバーを3段にし手摺だけが浮き出たように少しオーバーハングするように柱にも配慮した設計です!
ホワイトの塗り壁とマッチした仕上がりで大変ご満足いただきました。



黒御影石をバーナー仕上げで仕上げた厚み45ミリ程の踏面1枚仕上げとし側面は砂岩の小端積み仕上げとしました。
こちらの砂岩は緑色の砂岩は普段日の当たらない所から掘り出され、最初はきれいな薄緑色をしていますが、2、3ヶ月で色の変化が起き始めて茶色に変色していきます。 
最終的には掘り出した石が各個バラバラに変化していきますので非常に面白い情景を作り出していきます。
手摺はシンプルながらもロートアイアンでオリジナルフルオーダーです。必要最低限が囲えて本物の鍛鉄がご希望でした。少し叩き凸凹感を出しています。
風化、経年変化を楽しみたいという本物趣向のご提案です。時を重ねるだけ味がでるように素材を厳選しました。



ちょっと珍しい曲線デザインのウッドデッキです。職人さん泣かせのデザインですが完成度の高いこだわりのデッキです。
ポイントは幕板(側面)をハードウッド(イぺ材)で曲げて設置している点です。
縦に細かく貼り合わせるのではなく1枚板を優しく曲げながら貼っていくので仕上がりが流れるように綺麗になります。
また、足(束柱)を少しセットバックして設置することで曲線が更に活かされて野暮ったくないように配慮しました。
床下収納をご希望でしたので極力目立たないように蓋をつくってみました。



艶消しブラック塗装にシルバーの古美仕上げのレトロなランプやロートアイアンの造形美見事な表札、銅製のポストやインターホンカバーが、
文明開化の鹿鳴館時代を彷彿とさせるエキゾチックな機能門柱をシンボルにし玄関までの高低差を曲線のレンガ笠置付きの壁で来訪者を気持ちよく誘引するようにデザインしました。
足元にはこだわりのアルゼンチン斑岩を採用しレンガ壁の洋館を引き立たせるようにカラーバランスと素材感に配慮しました。
リビングからはそのまま出れるようにタイルテラス仕上げとし高低差を芝生の法面処理とすることでお部屋からの繋がりと広がりを演出してみました。
施工間もない状態ですが芝生が元気に育っています!



サーファーのご主人の希望で波をイメージした壁やリゾートっぽいイメージの門周りに。バリ島の5つ星ホテル御用達で、世界各国の人々に愛されるジェンガラのブランド。
バナナの葉やプルメリアの花など、流行に左右されないジェンガラの伝統的モチーフを表札にしました。新色のスカイブルーが新鮮です!
また、2階リビングの間取りなのでスカイデッキを計画しました。
3階の屋上にはリアルな人工芝を敷くことで横になれば空や星が見れる素晴らしい空間が出来上がりました!
樹形の綺麗な見事な植栽と湘南サーファーに人気のビーチクルーザーのブルーがマッチしています。



陶キューブの赤をワンポイントに採用した弊社デザインの実例です。
施釉特有のムラがいい味出してます。
和には勿論、和モダンな雰囲気の演出などに使える本物のタイルです。一つ一つは小さいですが重ねたり並べると存在感が出てアクセントになります!
壁の高さにも変化をつけて玄関前に動きを出してみました。
腰掛らえるようにしたウッド笠置や列柱の茶、白の塗壁、イワダレ草の緑との色のバランスがとれていると思います。



道路からの高低差を上手く取り込み、無機質なブロックは極力見えないように芝の法面でやわらかく処理しました。
斜面には樹形の綺麗な落葉のエゴノキやヤマボウシを植え冬は陽射しを差し込ませ夏には青々とした緑で陽射しをカットする計画。
建物をコの字にし中庭(コート)には大きなウッドデッキを部屋からフラットに計画。
どの部屋からも眺められるように常緑樹のシマトネリコを芝の築山と一緒に計画。
駐車場もナチュラルに仕上げる為にウッドで床をデザインしました。滑り止め対策でリブ付です。
玄関までは風化した無数の穴のある大理石の園路で誘導します。
デッキ脇の見えにくいエリアには洗濯物干し専用デッキ、ボードラック、シャワー水栓(画像)を配置し実用面にも配慮しました。



玄関周辺とタイルテラス、目隠しフェンスをデザインしました。
京町屋がお好みとのことで既製品では気に入るものが無かったのと、かなり限られたスペースという条件ために一から設計デザインし、木(ハードウッド)を加工しお好みの色を塗り仕上げました。
細い縦格子の加工、施工は苦労しましたが苦労したかいがある仕上がりです。本物の木の風合いが時と共にいい味を出すと思います。足元は黒玉石の洗い出しで仕上げました。
秋には紅葉も色づき四季を感じながらお住まい頂けると思います。



無機質で閉鎖的な外壁は防犯や特別なこだわりのデザインを考えると殺風景で良いのかもしれません。
しかしながら内側が『庭』の場合、そこには植物があり、人が憩う空間となります。
薄暗くて空気のよどんだ場所が人や植物にとって快適な場所ではないと思います。
暮らしを守る外壁に風を通し光を透かす、更にデザイン性を追加することで、外壁の内側を快適空間にします。
高温焼成によって製造された素焼きの焼き物空洞レンガを壁の一部に採用し塗り壁と一体化しました。
壁際には坂道がある為、行きかう人の視線カットの要望がありましたので坂に合わせて段々にするデザインとすることで
全体的に動きのあるデザインとなりお客様も大変ご満足していただきました。赤い花を咲かせる猿すべりの木との相性も抜群です!

インタビュー記事へ戻る