リビングライフ Report ALOHANA (アロハナ)
アロハナ
 ハワイの太陽と空気をそのままに。オーナーが現地買い付けにこだわった見ているだけで癒されるアイテムの数々。これが不思議と「いちいちカワイイ!」んです。
ハワイアン雑貨とハワイ限定のネットショップ
ハワイアン雑貨 ショップ名は「アロハ!」といわずと知れたハワイのあいさつと「オハナ」と家族を意味する言葉が合わさったもの。ハワイ大好きのオーナー夫妻が現地で一つ一つ吟味したこだわりのハワイアン雑貨をお届けします。素敵なデザインのハワイアンキルトやクッションでインテリアを飾れば、ほら、きっとハワイの風を感じられるはず。サイトは毎日のようにオーナーが更新しているので要チェックです。お気に入りのアイテムを見逃さないでね!

ALOHANA (アロハナ) 

ハワイアン雑貨・ネットショップ

住所/千葉県四街道市発

TEL/080-3554-8584

オフィシャルHP

ALOHANA
alohana

ハワイアンキルト


西本 アロハナさんは、ハワイアン雑貨とハワイ独特の色鮮やかなファッションを扱ったネットショップだそうですね。いつ頃から始められたのでしょうか?
杉本 2008年の7月からになります。それまでは20年ほど某飲食関係の会社でサラリーマンをやっていたのですが、最終的には自分で何かできればいいなと考えていたんですね。そんな中で、インターネットに興味を持ち出してネットショップについても少し勉強をしていたんです。
西本 ハワイアンに特定されたのには、何かきっかけがあったのですか?
杉本 ただ、素直にハワイが好きだった、それだけなんですけどね(笑)。でも、ハワイアン雑貨を集めるにしても、知っている仕入先があるわけでもないですし、日本での卸業者も知りませんでした。どうしようかなと考えたところ、「じゃあ現地で買ってくればいいか」という結論に行き着きまして。ちょうど奥さんが、好きで家に飾っていたハワイアン雑貨がかわいくセンスあるなあ、と思っていた事と、お店を始めるにあたって、ターゲットとするお客様の層も奥さんぐらいを想定していたので、一緒に現地に買いに行ったんです。日本の業者から卸したというよりも「現地で買い付けた」といえば一つのステイタスにもなりますし、ハワイから帰ってきた人が「あ、あれ買い忘れちゃった」という場合にも、喜んでもらえるんじゃないかなと思いました。それから、大量に買い付けてきた商品をがんばって売れば、また買い付けに行かないといけない…というよりも行きたいんですよね(笑)。ハワイに行きたいがためにがんばって売ろうと。自分達で楽しみながらもお客様にも喜んでもらおうと始めたのがきっかけですね。
西本 杉本さんはもう何回くらいハワイには行かれたのですか?
杉本 20代から数えて10回くらい行っていますね。サラリーマン時代は年2回の長期休暇を利用して行っていました。
西本 以前の会社には20年も勤務していたそうですが、今の事業をやるにあたってはかなり思い切りが必要だったのでは?
杉本 そうですね、とりたてて生活が苦しかったわけでもありませんし、このまま続けていけば生活も安泰だろうという思いもありました。でも、ショップへの憧れも捨てられず、片手間でできるものではないということもわかっていたので思い切りは必要でしたね。
西本 そこまで惹かれるハワイの魅力とはどういった部分にありますか?
杉本 まずは、空気の違いでしょうか。ハワイの地に降り立った瞬間に、何もかも忘れさせるものがありますね。私は趣味が多くて、国内ではいろんなところに遊びに行きましたが、いつも頭の片隅に会社のことがありました。でも、ハワイは違うんですね。帰りの飛行機で成田空港に降りるまで、全く会社のことを考えなかったんですよ(笑)。今でこそ携帯電話が普及して、休みの日にも会社からの電話が鳴ることも不思議ではありませんが、海外では鳴ったところで、すぐに行けるわけがないじゃないですか(笑)。一番リフレッシュできる場所だと思います。それから、最初のうちはハワイにいるだけでも楽しかったんですけど、回数を追うごとにマリンスポーツなどをやる機会などが増えてきて、現地のいろいろなところへ行くようになって、もっと楽しめるようになりました。ショッピングもそうです。ブランドには興味ないんですけど、現地の人が身につけるような、コアな雑貨はとても魅力的です。ハワイの裏側といえるような場所も回って、何百という雑貨屋さんを見て一層ハマりましたね。うちの奥さんが見て「いちいちカワイイ(笑)」と言うくらい見ているだけで癒されるものばかりなんです。そういうアイテムの数々の中から一つでも多く日本のお客様にも伝えていきたいですね。
西本 今、アロハナさんではどれくらいの数のアイテムを扱っているんですか?
杉本 だいたい100種以上のアイテムを扱っているので、1つのアイテムの在庫数は2〜3個くらいになります。サイト上でご紹介している商品はすべて在庫があるもので、品切れ中のものに関しては「次回、買ってきます」と表記しています。要望のある方は気軽に申し付けていただきたいですね。
西本 ハワイアンキルトやクッションカバーを中心に扱っていらっしゃるんですね。確かに日本ではなかなかお目にかかれない、楽しくてかわいいデザインが目立ちますね。ハワイから直接買い付けてくるとなると仕入れ代や旅費って大変でしょう?
杉本 通常のショップは、「仕入原価」の中に「物流費」等の経費を含めて計上します。つまり、利益を考えると、お客様に提示する「売価」は、「原価+経費+利益」となりますが、うちの場合は、単純に「原価+利益」を売価にしています。 しかも、「原価=売価」の商品もあります。これは、私の口癖でもある「損して得する」精神です(笑) まずはお客様に来てもらう、喜んでもらう、その事に限ります。もちろん、ビジネスですから、利益は大切ですが、買ってもらわなきゃ、利益もゼロですから…利益があがれば、またそれで買い付けに行きます。もちろん、滞在中ずっと買い物しているわけではなく遊びとしても満喫していますが(笑)。
西本 私の周りにもハワイが大好きな友人がいます。やっぱり、好きすぎるといつかは現地に住みたいというお考えがあるのでは?
杉本 そうですね。夢としてはありますが、現地で買い付けて現地から日本に発送してはお客様の送料の負担が、とてつもなく大きくなるのでいろいろ検討しないといけませんね。でも、いつか住めたら最高ですね。
西本 では、最後になりますが雑貨好きな読者とハワイが好きな読者へメッセージをお願いします。
杉本 以前に、サイトで見かけて今はなくなった商品とか、現地で見つけたけど買えなくって、でも忘れられなくって…などなど何でも言ってください。100%お客様のご要望にこたえるショップを目指しています。買う、買わないは別にしてたくさんの人が思わず毎日見てしまう…そんなサイトにするのが目標です!
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      <リビングライフ千葉版
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ