リビングライフ Report 荒川総合保険事務所
荒川総合保険事務所
 大切な家族をがんで失う。それを現実に経験した荒川さんだから保険の大切さを十分に理解し、わかりやすくご提案します。
あなたの保険、本当にあなたに合ってます?

荒川総合保険事務所外観 町行く人を見守るかのようなたたずまいの保険屋さん。荒川総合保険事務所の目指すところは、地域密着型の選ばれる代理店。「代理店だからどこで入っても同じなんだけど、自分のところで入ってくれる人が一人でも増えてくれたらいいですね。」と話すのは事務所代表の荒川さん。「相談役とお客さん」ではなく、「人と人」として一生涯続けていける関係を築いていきたい…そう願う町の優しい保険屋さんです。


●荒川総合保険事務所
アフラック生命保険代理店
 

住所/栃木県小山市城北1-19-4
TEL/0285-24-1991

営業時間/9:00〜17:00

定休日/日曜・祝祭日
(事前にご連絡を頂ければ対応致します)

オフィシャルHP


アフラック
がん保険


西本 こちらの荒川総合保険事務所さんは、テレビCMでもお馴染みアメリカンファミリー生命保険=アフラックの代理店を事業として行っているそうですね。どのような経緯で始められたのですか?
荒川 このアフラックの代理店を始めたのは2004年のことです。初めは東京の方で1年やって、その後こちらの小山の地域に移ってきました。元々は証券会社のサラリーマンをやっていたのですが、2002年に妻が白血病を患いまして10ヶ月余りの闘病生活の後に他界しました。長男が生まれて間もないときでした。息子と二人っきりになってからは、サラリーマンの生活スタイルだと周りの人や息子に何かと負担をかけてしまうので、自分でできる仕事を探そうと思ったのです。
西本 日常生活の中でのつらい出来事って本当に突然降りかかってくるものですね。息子さんのためにも前向きに進みだしたときに今のお仕事に出会ったのですね。
荒川 はい、そういった妻のこともありましたのでガン保険の必要性は十分わかっておりましたし、この仕事を始めるきっかけにもなりました。東京の江戸川区に1戸建ての家を持っていたので1年くらい東京でやっていましたが、代理店の仕事はどこでやっても同じだと思ったので、自宅を売り払ってこの小山地域に移ってきました。私の出身地なので土地勘もあり、実家も近いので何かと安心かと。
西本 世代にもよると思いますが世間一般の保険の必要性などの認識とはどう感じていらっしゃいますか?
荒川 そうですね。多くの人に言えることですが、普段、健康に生活されている人はなかなか保険のことは考えないと思います。ガンになるととてもお金がかかりますので、その備えのために保険の加入が必要になります。ほとんどの医療保険が健康な状態でないと加入できません。しかし、保険の心配をされるのは、皆さん病気になってからというケースが多いので、ぜひ健康なうちに考えてほしいですね。以前に保険会社の不払い問題などがあったせいで、新たに保険に加入する人の少なくなった部分はあるかもしれません。若い方は考えにくいかもしれませんが万が一のための保険なので皆さんに入ってほしいと思います。
西本 以前に勤めていた証券会社のお仕事と、今の保険のお仕事とでは似ている点などありますか?また、以前のお仕事が今回のお仕事で役立っていることなどありますか?
荒川 独立して自分でできるというのが今の仕事を選んだ大きな理由なんですね。似ているというわけではありませんが、前の職場で取ったFP(フィナンシャルプランナー)の資格が今の仕事にも活かされています金融機関全般で必要な知識を身に付けることができたので、お客様のライフプランに合わせた保険を人生設計の面や経済的な面と、いろいろな方向からご提案させていただけます。
西本 お客様からのご相談はどういったものが多いですか?
荒川 ご来店される方はだいたい保険に入りたいと思っている方で、最近はテレビCMなどもよく目にするので、それを見て医療保険に入りたいと漠然とイメージを持たれている方が多いかもしれません。他には、今入っている保険を見直したいという方や、今払っている保険料が高いので少し抑えられないか、といったご相談もいただいています。
西本 もちろん、皆さんに加入してもらったほうがいいのでしょうが、とくに「このような人に加入してほしい」というのはどのような人ですか?
荒川 がん保険に入ってない人には、がん保険だけは入ってもらいたいです。他社のがん保険でも入っている人は良いんですけど、全く入ってないという人は、是非、入ってほしいと思います。というのも、日本では年間32万人以上の方が「がん」で亡くなっており、ダントツで死因のトップとなっています。今や2人に1人は「がん」になるといわれる時代ですから、特に治療費などにお金のかかる「がん」に対しては、しっかり備えてもらいたいと思います。万が一の時に後悔しない様にお願いします。
西本 最後になりますが、これから初めて保険に加入しようと考えている方、また、見直しを考えている方にアドバイスなどあれば、いただけますか?
荒川 やはり、保険をかけ続けることによって、その人の生活の負担になってはいけません。無理はしないことですね。収入の10〜15%程度が無理のないかけ方だと思います。見直しをされる場合は、必ず新たに加入した保険の手続きが成立してから前の保険を解約するようにしてください。手続きした保険でも、健康状態などの告知が必要なので場合によっては入れないこともあります。成立したとしても前の保険が解約されてからタイムラグがあると無保険期間というものが発生してしまう場合もあり、その時に何かあっても保険金が支払われないなど、トラブルの元にもなりかねません。保険を重複してかけることになりますが、安心できる状態で解約してください。その他、ご不明な点があればお気軽にご相談ください。
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      < 栃木版 >
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ