リビングライフ Report BELL KOUSAN(株式会社ベル興産)
株式会社ベル興産ロゴ
 ベル興産では独自のスタイルで既成概念に捉われない、住む人のためだけのオリジナリティあふれるリフォームプランを提案しています。
自由な発想で施主と一緒に考え、提案しあう住まいづくり

ベル興産施工例1 NHK教育テレビ「住まい自分流〜DIY入門〜」にも講師として出演中の鈴木雅博社長。一級施工管理技士、DIYアドバイザー、建築設備検査資格者などなど、様々な住まいに携わるライセンスを取得しつつも「昔から勉強がお好きなんですね」の問いかけには「好きなわけないじゃん!(笑)」と一掃。そんな豪快かつユニークなキャラクターのせいか、口コミや紹介で仕事の依頼は引っ切り無しだそう。


●BELL KOUSAN
株式会社ベル興産
 

本社/東京都江東区住吉1-1-7
営業企画部/東京都墨田区菊川3-21-17
TEL/03-3633-7244
FAX/03-3632-2313


オフィシャルHP


↑営業企画部MAP
リフォーム施工例2
東京近郊改装



西本 こちらでは店舗や住宅のリフォームをメインに請け負っていらっしゃるそうですね。現在、ますますリフォームブームは加熱する一方ですが、今の会社設立に至るまでの経緯からお聞かせいただけますか?
鈴木 ここのベル興産でいえば設立は平成二年です。基本は父親がやっていた材木屋を継ぐ形で初めたんです。今の木材は80%くらいが北米や東南アジアから輸入されているんですが、仕事を本格的に始める前に勉強のために渡米もしました。そうこうして15年間くらい勤めた頃から需要が鉄筋コンクリートに移行してきて、マンションの内装も行うようになったんですね。しかし、ベテランの職人さんが高齢化してきたことなどもあって、注文は大手のゼネコンにばかりいくようになるんです。値段が安く、ダンピングなども見られるようになり、だんだん新築マンションの内装からは手を引き出しました。今のマンションってどこも似た色、似た形で面白味がないなあって思っていて、自分の中で「もっと面白くていいものを作りたい」って気持ちがあったんですね。
西本 そういう熱い思いでこのリフォーム会社を現在まで牽引して来られたんですね。いちばん初めに手がけた仕事とか覚えていらっしゃいますか?
鈴木 もちろん覚えてますよ。いちばん最初に作ったのはライブハウスでした。3年前にも麻布・六本木の飲み屋さんを4店舗ほどやりましたね。
西本 一般住宅以外に店舗も手がけていらっしゃるとのことでしたが、ライブハウスは意外でした(笑)
鈴木 基本的に何でもやりますよ。でも、絶対人と同じものは作りたくないんです。
西本 他社との差別化に絶対的な重点を置いてお仕事されていらっしゃるんですね。先ほどのお話にもありましたが、やっぱり多くの方が依頼するときお手軽に大手の業者さんを指名したりする傾向はあると思うのですが、それでいいものなのでしょうか?
鈴木 どうでしょう?私は疑問に感じますね。たしかに大手の業者さんはサンプルのカタログなどもたくさん用意されていますが、実際にお仕事されるのは子会社、いや、孫会社だったりするんです。新築の見積りを依頼したとしましょう、安くは作ってくれるかもしれません。でも、「この予算ではこちらか、こちらのパターンで、色は茶色かベージュになりますね」なんて選択肢が無いに等しかったりします。これではお客様のためのリフォームとはいえません。
西本 そうですね。もちろん、業者さんのアドバイスやご提案はいただきたいですけど、やはり高いお金を出すのであれば夢や理想に近づけたいというのは誰にもあると思います。
鈴木 うちでは打ち合わせを重ねながら、お客様の住まいに対する希望をライフスタイルから理解するようにしています。既成概念に捉われない、住む人のためだけのオリジナリティのあるリフォームプランを提案しています。
西本 最近では、リフォームブームの加熱のあまり悪徳業者による事件・事故なども多く耳にします。ずばり、危険なリフォーム業者の見分け方などありますか?
鈴木 そうですね、必要以上に安すぎたり、ちょくちょく営業にくる業者さんは気をつけた方がいいですね。実際にお仕事が始まったら、職人さんの腕が良くなかったり、資材の質がよくなかったりすることがあります。それから口の上手い人には気をつけた方がいいですね。
西本 こちらの会社ではお客様のためによいお仕事、よいご提案をできるように日頃から気をつけていることなどありますか?
鈴木 先日、仕事を兼ねてスタッフを連れてラスベガスへ研修にいきました。「インターナショナルハウジングショー」という業界向けの催しがあったんですけどね。その際、宿泊先のホテルでもスタッフには「入り口、ドアノブ、蛇口など、1つでもいいから見て帰る様に」と指示しました。お客様へいつでもいい提案できるよう常日頃から良いもの、グレードが高いものを見ておくように言っています。
西本 ラスベガスはすごいですね!それでは最後ですが、社長の夢と読者の方へ向けてのメッセージをお願いします。
鈴木 夢ですか?う〜ん・・お客様に満足してもらえて、そして自分達が楽しんで仕事していければいいかな。これからリフォームを考えている方には、良いものを作りたいのであればきちんと理解してくれる人や業者さんを探して、「自分の家を作るんだ」という気持ちを大事にしてほしいですね。我々はそういうお客様の気持ちに応えていきます。
西本 力強く頼もしい言葉、ありがとうございました。これからの活躍期待しています。
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      <  東京版 >
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ