リビングライフ Report 着物リメイク工房笑満
着物リメイク工房笑満
 古くて着なくなったお着物をリメイクしたオリジナル商品を販売している千葉県木更津市のきものリメイク工房 笑満さんへ!素敵なお洋服や小物が揃っていますよ!
着物の特性を生かしたリメイク工房です
洋服  もともとは趣味で着物のリメイクを行っていたという木更津市のきものリメイク工房 笑満さん。日本の着物にある独特の色柄、外国のものに比べてもはるかに高い生地の品質は古くなったからといって処分するにはあまりにももったいないと、手を加えて新たに生まれ変わった一点もののお洋服や小物が店内に数多く並びます。どれをとっても製作者のあふれんばかりの着物に対する愛情がうかがえます。

●笑満(えみ)
着物のリメイク商品・販売

住所/千葉県木更津市大久保3-17-7
TEL/ 0438-36-2828

◆営業時間◆
10:00〜16:00

定休日/金曜・土曜・日曜

シルク絹
オリジナル着物リメイク商品


大西 きものリメイク工房 笑満さんでは、着なくなったお着物をリメイクしてお洋服や小物などを作られているそうですね。こちらの木更津の地域にお店を出されてどれくらいになりますか?
山岸 もともとは趣味の範囲でやっていたんですが、周囲からの評判などもあって、出来上がったお洋服などを知り合いのお店で飾ってもらったり、売ってもらったりしていたんです。そのうちに扱う品数もだんだん増えてきたものですから、もっときちんと「着物リメイク」の魅力を伝えられるような場所を設けようということで、平成21年6月にこのお店をオープンさせました。
大西 店内にはリメイクしたお洋服が数多く並んでいますが、和柄のドレスやワンピースなど斬新なデザインが目にも楽しいですね。また、どれもメーカー品にない味が感じられて素敵だと思います!
佐藤 ありがとうございます。もとは自分たちが着ていた着物だったんですけど、古くなって傷んでしまったとはいえなかなか捨てるに捨てられなくて…また、着物の柄は洋服にはない独特でかわいいものが多いものですから、洋服としてリメイクすれば違った魅力が引き出せるのではと思って始めました。
山岸 これらのリメイクしたお洋服の特徴は、市販のお洋服にはない着心地ですね。着てもらうとおわかりいただけるのですが、とにかく軽いんですよ。日本の着物に使われている絹は外国のものに比べると大変高品質なんです。冬場などはこの絹のコート2枚ほど羽織っていただければ、軽いうえに暖かいので厚手のコートは不要ですよ。とくにお年寄りの方にオススメしたいですね。
大西 本当!まるで着ていることを忘れてしまいそうですね(笑)。柔らかいけど丈夫で暖かい…つくづく品質の高さがうかがえますね。この素材で使っている生地はご自分で使っていたお着物からとおっしゃっていましたが、他にはどのような形で?
佐藤 インターネットで探したり、質屋さんで見つけたり…それから、お友達が持ってきてくれたりします。安い費用で入手すれば、それだけ安い販売価格でご提供できますので、がんばってできるだけ安く仕入れるようにしているんですよ。
大西 価格帯はどれくらいですか?
山岸 そうですね、高いものでも2万円超えないくらいですね。
大西 こちらではお洋服のほかにバッグなどの小物も作られていらっしゃるんですね。
佐藤 お着物全体から洋服に必要な分の生地を初めに取りまして、端切れとして残った部分をバッグ用に使うことにしています。捨てるところなんてないんですよ。
大西 お手入れなどは難しくはないんですか?
山岸 お洋服に関しては簡単な汚れなら水洗いで十分だと思います。洗濯機洗いだけは避けていただきたいですね。
大西 山岸さんと佐藤さんはご姉妹だそうですね。お仕事は分担で行っているんですか?
山岸 この仕事を始める前からですが、私が和裁を、姉が洋裁をやっていたんですね。それを生かした形でやっているので仕事の面では上手くバランスがとれているんです。ただ、デザインの好みなどにおいては異なる部分もあるのでたまには対立したり…ケンカしたこともありますが(笑)。
大西 二人で一つといった感じですね。逆に好みやセンスの違いがあったほうが、互いに第三者の立場から意見したり、参考にできるからいいのかもしれませんね。このお仕事の魅力、またはこのお仕事をしていて一番楽しいと感じるときってどんなときですか?
佐藤 やっぱり、好きな柄の生地を見つけた時、そのデザインを生かした洋服を仕立て上げていく時間はとても楽しいですね。「作る楽しさと出来上がったときの感動」がやりがいにつながっています。だから、思った以上に上手く出来上がったときは「売りたくないな」なんて思うこともあります(笑)。
大西 例えばお客様から生地をお預かりしてのオーダーなどは受けていらっしゃるのですか?
山岸 申し訳ないのですが、オーダーという形でのご依頼は受けていません。それは、生地にシミや傷みがあったり、出来上がったときのイメージがお客様の予想とは違っていたり…といった様々な理由からトラブルの原因になりかねないからです。
佐藤 生地自体の買取はやっています。また、オーダーというのではなくて「こういうデザインのものも作ってほしい」といったリクエストにはできるだけお応えしていきたいなと考えています。
大西 なるほど…そういった意味ではこちらはお店とお客様が密接にいろいろアイデアを出しあったり意見交換をしながらコミュニケーションを楽しむ場所とも言えそうですね。最後になりますが、読者へ向けてのメッセージをお願いします。
山岸 お店の「笑満」とい名前は、お洋服や着物、雑貨など好きな人たちが集まって、笑顔があふれるお店にしたいという思いからつけました。これからも品質が高く、身につけて気持ちのいいお洋服をたくさん作っていきたいと思いますので気軽に足を運んでいただければと思います。ご来店、心よりお待ちしています。
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      <Back  千葉版 Next
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ