リビングライフ Report 狭山市美容室 フロムザハート
フロムザハート
 都内の大手サロンで経験を積んだオーナーが、平成10年に埼玉県狭山市にオープンしたのが「フロム・ザ・ハート」。地域の支持率も高い癒し系サロンです。
このリラックス感は都会のサロンでは味わえません!

美容室狭山市 サロン定休日は「ハートフル美容師」として、自らの足でのご来店が困難な狭山市地域のご高齢者や、障害を持った方のお宅にうかがい施術を提供するという鈴木オーナー。「仕上がりに喜んでいただくお客様の笑顔は、そのまま自分の喜びとなるんです。」そう話すオーナーのお店には、階段が苦手なお客様のためのスロープだったり、ちょうどいい高さの手すりだったり、と心のこもった配慮が随所に見られます。


●From the Heart
-フロムザハート-

住所/埼玉県狭山市富士見2-2-34

TEL/04-2957-5979

営業時間/9:30〜19:00(最終受付18:30)
定休日/第2・3月曜・毎週火曜
オフィシャルHP

美容師
ヘアケア


大西 こちらのフロム・ザ・ハートさん、平成10年にこの埼玉県の狭山にオープンされたそうですね。お店を始めて10年以上も経ちますと地域にも定着して、この閑静な環境にもすっかり馴染まれている印象があります。
鈴木 ありがとうございます。ヘアサロンというと、都会的な凝ったデザインの店舗も多いと思いますが、このような田畑が見える風景の中にあるサロンは、大西さんには新鮮に映るのではないでしょうか。
大西 店舗の前の家庭菜園がとっても微笑ましくて素敵ですね。最近の「エコブーム」ではないですが、やはりサロンに来たら身体も気持ちもリラックスしたいですからね。街中の喧騒を離れて、こういったナチュラル志向な場所を訪れるお客様も多いかと思います。10年が経過して、やっと時代がこのサロンに追いついてきたのかもしれませんね。10年というと、ひとつの大きな節目でもあるかと思いますが、やってこられてどんな感想をお持ちですか?
鈴木 この地域のお客様はもちろんですが、ここの以前に吉祥寺でサロンをやっていて、その頃からのお客様も来ていただいたりしているんですね。今、うちではアンケートみたいな感じでお客様が何でもメッセージを書き込めるカードを置いているんですが、「来てよかったです」とか、「これからも利用します」といった言葉をいただくと、とても支えになりますし、これから更に10年へ向けてのやりがいにもつながっています。
大西 なるほど…お店とお客様の距離がすごく近い感じがしていいですね!最近はどういったデザインのスタイルが人気ですか?
鈴木 今はボブでしょうか。パーマをかけて遊びや軽さを出したりしてアレンジを加えています。また、最近はやっているのがフレンチカットといって、これは根元からすくので、どんな髪の量の方でもタイトなボブができるんですよ。エアリー感のある、風が髪の内側を通り抜けるようなフワっとしたパーマですね。
大西 ヘアデザインにはその時々の流行がありますが、本当にお客様に合ったデザインを提案していくのもプロのお仕事ですよね。どのようにしてイメージなど作り上げていきますか?
鈴木 何気の無い会話の中から、趣味だったり、好きな色やものなどを聞いたりするんですね。いろいろな好きなものを集めていくと、だんだんイメージがわいてくるんです。「あ、こんな雰囲気を求めているんだな」と感じたものを大切にしながら広げていって、それから、お客様の輪郭を考慮しながら補正していくといった感じですね。
大西 さりげないコミュニケーションや、お話し上手のスタッフの方だと、相談もしやすくて助かりますね。
鈴木 お客様全員が全員、自分の希望をスムーズに伝えられる方ばかりではありませんからね。中には上手く伝えられなかったり、迷われたりする方もいらっしゃいます。逆に「どんな感じにしたい」ではなくって「こういうところが気になる」という部分を話してもらえるとイメージが作りやすい場合もありますね。ストレスとなる部分を解消してあげられると思います。
大西 こちらのサロンではカットの出張サービスも行っているとうかがいましたが。
鈴木 美容組合が認定する「ハートフル美容師」として、ご来店の難しいご高齢の方や障害を持った方のお宅に訪問し、施術を行っています。先日もお店の定休日に、あるおばあちゃんのお宅へうかがってきたんですよ。たいへん、喜んでいただいて、僕もなんだかうれしくなりましたね。
大西 それはやっぱり女性はいくつになっても美しくありたいと願うものですから、うれしかったことでしょう。でも、定休日を使っての訪問とは大変でしょう?
鈴木 平常はお店があるので難しいですからね。でも、施術後のおばあちゃんの笑顔を見ると、疲れもとんでいくんですよ。いい「お土産」をいただいたな、といった感じで。行ける時間があれば、もっと行きたいんですけどね。
大西 お店に来られる方の他にも、地域には先生を待っているたくさんの方がいらっしゃるようですね。これからも益々お忙しくなりそうですが、お体に気をつけてがんばってくださいね。最後に、この記事を読まれる読者の方にメッセージをいただけますか?
鈴木 僕たちはプロとして、お客様の「キレイになりたい」をかたちにするのが仕事です。「こういうふうにしたい」といった具体的なイメージがなくてもかまいません。0(ゼロ)の状態でご来店ください。お客様と一緒になって、一番合ったデザインを考えるのも私たちの仕事です。気軽になんでもご相談ください。
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      <Back  埼玉版 Next
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ