福祉タクシー白鳥(はくちょう)



遠藤 城南企画さんは、鉄道模型の販売からオリジナルグッズの製作も手掛けているお店だそうですね。今回新しい事業を展開されるそうですが?


遠藤 はい。模型店の方では地方の鉄道・バス会社さんと連携を組んでイベントを企画・開催する等をしておりますが・・・この度、新規で福祉タクシーを始める事になりました。


遠藤 どのような内容になるか、簡単にご説明いただけますか?


遠藤 まず福祉タクシーについてですが、車椅子や障害をお持ちの方、その他歩行困難者の移動を手助けするのが基本の事前予約制タクシーなんですよ。福祉と書いてありますが“事前に予約”さえいただければ、一般の方もご乗車いただく事が可能になります。そして介護タクシーについてですが、 このサービスはここ2〜3年の間に増えてきたサービスな んですが、福祉タクシーとは違い完全予約制で一般の方(付き添い等の同乗者を除く)はご乗車いただけません。福祉タクシー・介護タクシー共に福祉車両を使う・・・という点では共通です。


遠藤 これからの高齢化社会には、無くてはならないサービスだと思いますが、どんな車輌を使うんですか?


遠藤 福祉車両には、色々なタイプがあって、当社では、まず車椅子に乗ったまま乗車出来る車輌を導入させていただきました。もちろんタクシーですので、普通二種免許所持者が運転にあたります。


遠藤 福祉タクシーが利用されるシチュエーションとは、どんな時があるんでしょうか?


遠藤 そうですね。まずは病院や施設などを結ぶ交通手段にご利用頂くことが一番多いですね。それから、旅行や里帰り、お墓参りに利用される方もいらっしゃいます。特に車椅子になって行動する範囲が狭くなってしまった高齢者も多く、そんな方達の足となってご希望の場所まで送迎させて頂きます。


遠藤 高齢者など介護を必要とされる方が、お客様ですと介助の知識などが必要ですよね。


遠藤 私どもでは、介護ヘルパーの資格者が運転手と介助も勤めさせて頂きます。この仕事は、普通の流しのタクシーとは違って、完全予約制のため、ご予約時に行き先やお客様の状態などお聞きして、事前に最善の準備をしてからお迎えに上がる事ができるのも特徴です。


遠藤 どうして福祉タクシーの仕事を始めようと?


遠藤 電車が好きで、鉄道模型のお店まで始めてしまいましたが、列車を見たり乗ったりする為に全国を旅する事多かったんです。しかし車椅子の方などは近場ですら中々移動する自由を制限される事が多いですよね。そんな方のお役に立てる仕事は何かを考えた時に「福祉タクシー・介護タクシー」だったんです。私は人と会って話したりする事が好きで、「お客様を家族のように送迎 したい」そんな想いで始まったサービスなんですよ。


遠藤 営業エリアは決まっているんですか?


遠藤 当社が大田区ですので、お迎えの範囲はこの近郊になります。しかしお送りする場所は、関東近郊ならどこでも大丈夫ですよ。例えば箱 根の温泉まで送迎してなんて、使い方も出来ますし、他に4人まで同乗する事ができますので、ご家族やお仲間同士でもご利用ください。料金についても初乗り2キロ710円〜という一般の料金メーターで運行する方法以外に【貸切】という時間料金のみで運行(高速道路利用を除く)できる大変お得なプラン(中距離・長距離移動の際には断然お安くなります)もご用意しておりますので、お気軽にご相談下さい。


遠藤 これからの展開については?


遠藤 まだ始めたばかりのサービスですが、お客様のニーズに可能な限りお応えする形で、サービス内容や車輌なども導入出来たら良いですね。それから移動先での付き添いや、私は元々カメラマンも職業としておりましたので、観光であれぱ記念撮影する為のカメラマンとしても活躍する事も可能ですので、このサービスをもっと身近に感じて頂けるよう活動してまいります。

 



●福祉タクシー 白鳥(はくちょう)

(有)城南企画

住所/ 東京都大田区西六郷4-14-13

予約TEL事務所/03-6715-9500

予約TEL遠藤直通/090-3239-9848

(携帯は運転中等出れない場合がありますがお気軽にどうぞ)

■完全予約制■

 

お問い合せの際は
「リビングライフを見て」というとスムーズです。

福祉タクシー白鳥(白鳥)

この記事をつぶやく→