リビングライフ Report hal hair(ハル・ヘア)
hal hair
 茨城県筑西市にある『hal hair(ハル・ヘア)』さんでは、お客様の笑顔を第一に考えた施術が支持されています。
ふんわりと揺れるボブスタイルが評判です。
筑西市の美容室  都内のサロンに長年勤めていたオーナーのお店なので、技術&流行共に、安心しておまかせできる美容室です。お客様一人一人の個性としっかり向き合って結果を出すことに、全力を尽くしてくれるお店だからリピーターが多いのも特徴です。お店のコンセプトとして打ち出しているのがボブへア。是非一度気軽に来店してみてはいかがでしょうか!

●hal hair
美容室ハル・ヘア

住所/茨城県筑西市中舘193-5
TEL/ 0296-25-7786

営業時間/10:00〜20:00
定休日/火曜・第3月曜
hal hair HP

へアサロン
流行のへアスタイル


西本 雑貨店のような、かわいらしい雰囲気の美容室ですが、オープンされるまでの経緯を教えて頂けますか?
樋口 学生の頃は、調理師が第一志望だったんです。
西本 調理師と美容師では、全然違いますね(笑)
樋口 はい。一つには東京に出たいとの思いが強かったんですよ。。料理もそうですが、基本的にモノづくりが好きなんだと思います。おしゃれをしたい。カッコよくいたい。という軽い気持ちで美容師の道へ進みましたが、美容の世界に入ってからはのめり込むのにあまり時間はかからなかったですね。いつの日からか美容を極め自分のサロンを作り、育った地元で勝負したいと思いが湧いてきました。
西本 どうしてですか?
樋口 少しは大人になったからですかね。(笑)27才 の頃まで都内のサロンで9年間勉強させて頂き、ここの「hal hair」は2006年にオープンさせていただいたんですが、今の物件を偶然に見つけたのがそもそものきっかけです。この建物を見た瞬間に内装イメージや働いている自分、来店していただくお客様が頭に浮かびました。それから出店に向けて動き出したわけです。
西本 店内にはアンティークな家具なども置いてあり、とても可愛らしいですね。デザインはオーナーが?
樋口 内装に関しては、すべて僕の手づくりなんですよ。私の父が左官職人をしておりますので、壁の漆喰なども、アドバイスを頂きながら、一から仕上げたんです。
西本 すごいですね。「hal hair」という屋号はどのような経緯でお付けになったんですか?
樋口 これは、私の祖母の名前から頂いたんです。おばーちゃんて、「優しくてあたたかい」といったイメージがとても強かったので、そこから「ハル・ヘア」と付けさせて頂いたんですよ。
西本 スタイルについて「おまかせします」といわれた場合、一番大切にすることはなんですか?
樋口 そうですね。お顔や目ををみて、何cm位カットしたいのか、それが2〜3センチの場合でも、その中で一番良いスタイルを考えてあげる事ですね。よく美容師のカット技術を問われる方もいらっしゃいますが、お客様がまず気に入って頂く事が大切ですからね。気に入って頂いた時「お客様の顔が輝いた時」などは、美容師になって良かったなと感じる時なんです。ですので接客などに関しても、常に心を込めて対応させて頂いております。
西本 こちらのお店の人気のスタイルなんてあるんですか?
樋口 ボブが一番人気なんですよ。特にボブの場合は、美容師になって一番最初にカットで習う高い技術が必要なスタイルです。ボブにはショートから肩に掛かる位と豊かなスタイルを作れるのも人気の理由かもしれませんね。そのほかにもパーマやカラーでアクセントをつけたものなどが人気です。
西本 スタイルによっては得意・不得意といったものもあるんですか?
樋口 美容師はどんなスタイルにも対応出来ますが、得意・不得意というよりも、美容師の皆さんに言える事ですが、それぞれのスタイリストの方には好きなスタイルというのはあるものなんですよ。それがその美容師の個性として、お客様にも選択の幅を広げる事にもつながっているんだと思います。
西本 なるほど!それが自分の気に入った美容室になるかならないかなんですね。それでは最後に読者にメッセージをお願いいたします。
樋口 当店では美容技術の基本であるシャンプーを15分間心をこめて洗います。お家でのお手入れの仕方やアドバイスを心がけ、技術やサービスはもちろんのこと、心に残る何かを提供していきたいと思いますのでお気軽にご予約をお待ちしております。
 
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      < 茨城版 >
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ