チャムズバー

 

 


谷 「三つ葉を伝える路上詩人」としてご活躍だそうですが、路上詩人を始めたキッカケはなんだったんですか?


じゅんぺい 2013年10月に始めましたが、キッカケはいくつかあって、友人が主催する筆文字講座に参加してから、家でも書くようになって知人にプレゼントしたら喜ばれた事。それから当時は介護の仕事をしていましたが、死別体験などとは切っても切り離せない仕事でしたので心の中で感じ入るものがあった事。その中で私が今できる事は、「言葉を描く」事ではないか思い立ち路上にでも出てみるかと、路上詩人を始めた次第です。


谷 どんな方たちがご利用されるんですか?


じゅんぺい 元気な方か落ち込んでいる方のどちらかで、癒しが欲しい。または好奇心が旺盛な人がいたり。傷ついて頑張っているけど報われないという方が一番多いでしょうか。


谷 言葉は直感で浮かんでくるんですか?


じゅんぺい 目を見て直感で言葉や色が浮かんできたものを、そのまま贈っています。私の感覚としては、言葉が降りてくるというよりは、その方の中から発せられる言葉を拾ってくるという感覚なんです。ですので私からの言葉ではなく、自分自身に伝えたい言葉が私を通じて言葉になっていくという感覚なんです。


谷 とてもカラフルな書き贈りがありますが、クレヨンで書かれるんですか?


じゅんぺい 基本は筆ペンで書きますが、浮かんできた色はパステルで色を付けています。二度ほど見させていただくんですが、一度見たときに色が浮かび、二度目に拝見させていただいたときに言葉が伝わってきます。


谷 何か影響を受けたものや出来事などはありますか?


じゅんぺい もともと筆文字を習う前に、歌の歌詞を作りたくて、歌詞を丸々書き移すという事をしていました。筆文字を習ったときに、書き写した後に自分なりの言葉で言い換えるということを筆文字でしていた事が、お客様の目を見たときに言葉が浮かんでくるようになったキッカケでもあると思います。今でも毎日一曲作詞はしていまして、今日で1140曲できています。


谷 とても温かみがある書体ですが、書道などのご経験は?


じゅんぺい ありません。二度書きしたりしますので、書道家からしたら邪道だと言われると思います。(笑)


谷 じゅんぺいさんが、普段心がけていたりする事などは?


じゅんぺい 日常を大切にしたいと思っています。三つ葉のクローバーをトレードマークにしているんですが、四葉のクローバーみたいに特別珍しくなくても、ありふれていても美しいものを見逃さないような人間でありたいなと思っています。僕自身特別な人間ではありませんので!


谷 同じ視点に立つという意味でもですか。


じゅんぺい いろいろな方から「路上詩人」というと、ちょっと珍しい仕事なので、「すごいね!」と言っていただくこともあるんですが、学生さん、会社員さん、経営者さんなど、皆さん自分の現場で頑張っているというのは同じなので、立ち位置が違うだけで、どこからでも学べる事ができるし、誰のことでも尊敬できると常々思っています。


谷 最近では、路上で歌を歌うなどパフォーマンスされる光景をよく目にしますが、いきなり路上に出るのは勇気がいりませんでしたか?


じゅんぺい 最初はとても怖かったです。最初に始めたのが山口県の周南市でデビューしたのですが、最初は付近を二時間ぐらい、うろうろしていましたよ。でもお客様がついてくれると、その場所が特別なところに変わっていくんです。今は川越や大宮などを中心にして活動しています。また各種イベントなどでの「書き贈り」の仕事も増えてきましたので、ブログなどを通じて情報を配信しています。


谷 書き贈りの料金はどの位なんですか?


じゅんぺい ポストカードサイズがワンコイン500円で、A4サイズですと2,000円です


谷 例えば、彼氏彼女にプレゼントとして書いて欲しいなんて事も可能ですか?


じゅんぺい もちろんです。パートナー様への思いなども、目を見れば言葉として浮かんできますので、そんな依頼も多いですよ。興味を持っていただいた方は 気軽にご連絡ください。場所によっては近くまでお伺いできますし、「あなたの今日がちょっと楽しくなりますように」というメルマガも無料配信していますので、こちらも是非ご覧ください。

 

■お店データ■

●三つ葉を伝える路上詩人 じゅんぺい

 書き贈り・言葉のプレゼント

埼玉県、都内各所など

TEL:080-3883-2215

オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/hamasakidende/