注文住宅知っておくべきポイントは?



田中 建築家を目指されたきっかけなどありますか?

 

片桐 手先が器用だったこともあり工業高校の建築学科へ進みました。機械工学にも興味がありましたので、大学は機械学科に進学しています。共に興味深いものでしたが、建築の方が技術的要素もありながら芸術性も強く、自分にとって魅力を感じる部分が多かったこともあり建築家の道を選びました。

 

田中 始められてどれくらいになられますか?

 

片桐 事務所を設立して9年目です。地元ということもあり、4月にこちらへ移転しましたが、設立当初は私が設計した杉並区の「SEASON1」という建物で長く活動しておりました。建築実績も最近では数十棟単位になっています。(2013年12月現在)

 

田中 1級建築士と2級建築士ってあると思うのですが、どのように違うのでしょう?また片桐さんの資格は何ですか?

 

片桐 2級は中小規模の建物を主に設計できます。1級には制限がなく、ビルなど大きな建物も設計することができます。私は1級建築士の方になりますね。

 

田中 なるほど、そこが違うんですね。それと一般にはあまり知られていないと思うのですが、注文住宅を建築家(設計事務所)にお願いする場合というのは、どうすれば良いのでしょうか?

 

片桐 まず一つ目の方法は、ホームページを見て、作品事例やブログ、コンセプトや契約までの工程などをじっくり見てからメール相談、電話相談から始まるのが一般的です。それと合わせ、建築家サイトなどで評判を確認したりすると、より安心して相談できるかもしれませんね。 もう一つはコンペ形式の依頼方法でしょうか。例えば、こちらの資料は住宅コンペ時のものですが、この時はコンペ資格として全国多くの会社から、私の事務所を含めた5社が選抜されました。その5社が提案した設計案の中から、お客様が当事務所を選び、仕事依頼に到った時の資料です。


→コンペ依頼に到った事例W・B・HOUSE

→建築家サイト

 

田中 そうなんですね。注文住宅ではコンペという形で複数の企業さんの中から依頼先を決めることも出来るんですね!その時にこういった資料を見ながら決めていくわけですか。リアルなシミュレーション画像がとてもイメージしやすくて良いですね!図面だけ見ても素人は分かりませんから。(笑)

 

片桐 そうなんです。イメージを「動画」として見ることが出来ますので、実際に建物の中へ入ったような感覚で、いろんな角度から室内を体感し、生活風景をシミュレーションすることができます。

 

田中 こういったシミュレーションはどの段階で作っていただけるのでしょう?契約後なのでしょうか?相談料は無料とお伺いしましたが、料金が発生するのは相談をしていく上でどのあたりからになりますか?

 

片桐 資金などの質問、土地探しのアドバイス、間取りや建物の相談、その他打合せは無料です。特に間取りのご相談では図面の作成はもちろん、パース(完成時の立体画像)の作成や動画作成により、建物の内部を歩き回るようなご提案も含め、全て無料としております。これらは、お客様がしっかりと建物のイメージを持ち、ご判断いただくために行っております。そして提案内容とお客様の要望とのすり合わせをして行き、契約を決める最終プレゼンの時のみ、模型製作も含め5万円のプレゼン料をいただいております。ただこれも、そのまま契約して頂きますと無料になります。つまり当事務所は設計契約以外、全て無料なんです。(笑)

 

田中 それは素晴らしいですね!このようにしてもらえると設計をお願いするしないにかかわらず、安心して相談に行けますね。それと施工(実際に建物を造る)会社の紹介などもしてもらえるのですか?悪徳業者に当たりたくないと誰しも思っていると思います。

 

片桐 はい。意外とご存知ない方も多いのですが、そのような施工会社の紹介、コーディネートすることも出来ます。もちろんお客様がお知り合いの工務店へ依頼される事も可能です。

 

田中 打ち合わせから完成まではどれぐらいの期間かかるものでしょうか?

 

片桐 だいたい8ヶ月から13ヶ月をいただいています。そして購入に関するお金の事に関しても「注文住宅」では銀行融資の仕方など、他との違いがありますので是非相談をしていただければと思いますね。