絵画教室アトリエこかげ

 



 

谷 二宮に開講した絵画教室とのことですが、どうして教室を始められたんですか?


村上 一般的な絵画教室のイメージを払拭したく、ここは教室というよりも、ふらっとお散歩がてらお茶に来たら、絵の好きな人たちが集まっていて面白い話など刺激を受けて帰るなんていう場所。そして二宮エリアのアートの拠点になったらいいなと。


谷 絵画は油絵になるんですか?


村上 基本的には、油彩画、アクリル画、鉛筆・木炭デッサンが中心ですが、作りたいものや習いたいものなどあればご相談に応じています。


谷 レトロなお家のアトリエという雰囲気ですね。


村上 もともとは2年ほど前から僕個人のアトリエとして使っていたんですが、少しキレイにしてやったらいいかなと2014年末に思い立ち、4ヶ月でオープンしました。昨日は、お母さんと姉妹でおみえになって、今度ランプシェードを作りたいと言う事でしたので、デザインをしました。


谷 絵画だけではなくて、そんな事もできるんですね。


村上 なんでもやりたい事を全部やったらいいよ。というスタンスで、まだ開店したばかりですが、採算がすでにつかなそうですよ(笑)。


谷 もともとはデザインの仕事をされてこられたんですか?


村上 20才の時に画家としてデビューしましたが、絵だけじゃ生活できないのでデザインで食べています。私の父が印刷の仕事をしていましたので、フォトショップなどのデザインソフトは、子供の頃から使っていたので、商業デザインなどの仕事をしながら、土~月の三日間を絵画教室として開講しています。


谷 「アトリエこかげ」さんという店名には何か思いがあるんですか?


村上 フリーで作品を出していた時のペンネームが「木蔭」で、教室を開くには「木蔭でひと休み」をしてもらう空間を表現するにはいいかなと思いつけてみました。


谷 どんな生徒さんを募集しているんですか? 


村上 ここは海からも近くて自然豊かな場所ですので、子供中心にしながら大人も教えていきたいですね。大人の方は「見えているようで見えていないものなど」デッサンをすると分かったり、とても新鮮な体験ができますよ。


谷 デッサンは誰かを被写体にして描くんですか?


村上 先日描いたのが、キューブのデッサンです。立方体は簡単な作りをしていて、頭の中でイメージできるので、見なくてもかけるんですが、見ているようで見ていないんですね。みてなくてもスラスラ描けるんですが、実際出来上がったものを比べると実物とは全然違うんですよ。こういう簡単なものを何時間もかけてじっくり描くのが、逆に難しくて面白いんですね。


谷 私は絵が苦手で、影の感じなど上手く描けないです。


村上 絵は上手く描くものではなくて、見る力が大切なんです。見ていると必ずアウトプットされてきます。


谷 絵画教室というと敷居が高いようで、私みたいな絵の初心者でも大丈夫ですか。


村上 そんな方々の為に、ここを開講しているので、絵を描いたり何か創作してみたい方に開放しています。


谷 自然を描いたりなんて事で、どこか出かけたりするんですか?


村上 二宮では炭素循環農法という無農薬、無肥料で行う農法が有名ですので、そんな畑にオニギリをもってスケッチに行こうというワークショップを夏頃に計画しています。


谷 ここに飾ってある作品は村上さんが描かれたんですか?


村上 これは一番新しい作品で、2015年2月に六本木の国立新美術館で開催された公募展のNAU21世紀美術連立展に推薦で入選いただいて、1年ほどかけて描いた作品なんです。


谷 具体的な料金やコースを教えていただけますか?


村上 今は土・日・月の10時から20時までの営業ですので、月4回5,000~7,000円で、一回あたりの時間は決めていません。朝来てランチを食べに帰って、戻って来ても一回のカウントです。当教室は先生と生徒さんという関係にはしたくないので、楽しく絵画を楽しんだり創作活動のアドバイスをさせていただくような教室を目指しています。


谷 とても新しいスタイルの絵画教室ですね。


村上 そうですね。やりたい方向性が従来の教室ではないので、レンタルアトリエとしても使えます。自宅だと汚れてしまうからとか、集中できないなんて方は1時間道具レンタルありで300円で利用できます。


谷 描く技術や技法などの指導はどのようにされるんですか?


村上 描きたいと思っている完成図が頭の中に浮かんでいて、筆のタッチなどもイメージがあると思うので、技法を覚える事が先に来る事はないです。技法書などもご用意はしていますが、書いていくうちに様々な技法が身についていくものです。


谷 そこが普通の絵画教室を違うところで、画家さんならでは発想ですね。私の場合は技術を学んでから作品を作ろうと考えてしまいます。まずは描きたいものがあって、技術なんてのは後からでいいんですね。


村上 はい。曲線一つ描くにしても、こんな曲線を描きたいというイメージが頭の中にあるので、やってみれば、自然と筆が動くと思うんですよ。失敗するかもしれませんが、イメージ通りの曲線を描こうとする事で、筆の動かし方も上達していきます。それが技術を修得することだと思います。


谷 最後に読者にメッセージをお願いいたします。


村上 二宮は小田原も近く、海もあり山もありと自然豊かなところです。ご家族でお茶を飲みに来る感覚で、絵を描きに来ていただいてもOKです。オープンスタイルのアトリエですので、見学がてらお近くにお越しの際には覗いてみてください。

 

■スクールデータ■

絵画教室 アトリエこかげ

住所:神奈川県中郡二宮町山西654

地図を見る >>

TEL:0463-71-5930

オフィシャルサイト:http://atelier-kokage.com/

■アクセス

JR二宮駅から徒歩15分