Report ハウジングステーションLaLa
 横浜市にあるハウスメーカー『ハウジング・ステーションLaLa』。より快適な家づくりを目指して日々チャレンジ!
人も家も健康で長生き『100年健康住宅』

 横浜市金沢区が本社の『ハウジングステーションLaLa』。神奈川県下で多くの実績を誇るカリスマ工務店「近代ホーム」のグループ会社。そのノウハウを受け継ぎ、住む人だけでなく地球環境にもやさしい家づくりをしています。『頭の良い子が育つ家』をテーマに家族が集まる空間を、お客様が納得のできる価格で実現し、「同じコストなら、より上質な空間に」というLaLaの家づくりへの思いがそこに表れています。


●ハウジングステーションLaLa

 

本社/神奈川県横浜市金沢区幸浦2-15-6
TEL/045-791-5877

港南台支店/神奈川県横浜市港南区港南台4-25-25
TEL/045-836-1417

オフィシャルHP



←京浜東北線港南台駅下車徒歩3分。
港南台ゲストハウス


西本 素敵なモデルハウスですね。会社を設立されたのはいつになりますか?
松本 会社ができたのは2006年の9月です。もともとは近代ホームグループというところから発足したんですが、自分達と同じ世代、いわゆる団塊ジュニア世代にでも手の届く商品を作れないか?ということで『ハウジング・ステーションLaLa』を設立しました。今、団塊世代から団塊ジュニアへと、だんだん住宅に求められるモノが変わってきているので、その時代の流れに沿って作った会社なんですね。
西本 会社を設立されるまでは、何をされていたのですか?
松本 母体となっている近代ホームで10年間、社員大工という形で修行していました。
西本 じゃあ、大工さんなんですか?このモデルハウスもおつくりに?
松本 そうです(笑)。設立当初から、子育て世代の人たちに、手の届く範囲で快適で長持ちのする家を作りたいという気持ちのもと、いろいろな見学会やイベントで、お話させて頂きました。それが少しづつ評価をいただいたおかげで順調にスタートを切ることができ、このモデルハウスをオープンすることになったんです。
西本 家づくりに対するテーマなどをお持ちだと思いますが、どのようにお考えですか?
松本 マンションか建て売りしか買えないと言われている自分達と同じ、団塊ジュニアの世代にも「なんとか小さいなりにも、快適で長持ちする注文住宅が提供できるように頑張りたい」というのが大きなテーマです。その中で今、私たちは『頭のよい子が育つ家』を一番のテーマに掲げ、取り組んでいます。昔では考えられなかった様な事件が、今すごく増えてきていますよね?これは、いったいどういうところからきているのかと調べてました。すると昔は家族で大きいリビングで過ごしたり、家族が集まる空間がありましたが、個室を子供に与えるようになってから、家族のコミュニケーションが取れなくなってきていると思うんですよ。そういうのを上手く、研究して作られたのがこのモデルハウスなんです。
西本 家を買いたいんだけど、どういう視点から業者を選べばいいのかというのは、一番難しいと思うんですが、社長のお立場からこういうところを見てほしいっていうところはありますか?
松本 どこの会社も、うちの工法が一番だ!とか、良い家!だって思ってるんですよね…僕はどこで建てても良いと考えてるんですよ。ただ、そこの会社がどういう思想、理念を持っているか、そこの社長がどのくらい住宅に情熱を持っているか、そこにどれだけ魂が入っているのかというのが重要になってくると思うんですね。当社ではデザインが良い、材料が良いっていうのは当たり前だっていう観点から入っいます、私たちは“もの”じゃなく「使命感」を売っているんだと考えていることが、他と大きく違うところだと思います。LaLaの目指すところは『100年健康住宅』、人も家も100年健康で長生きするような家を造っていきたい!という使命感の元で仕事をさせていただいているんです。
西本 商品だけで比べているのではないということですね。家を建てるのは打ち合わせが大事だとお聞きしますが?
松本 ご契約前までの間取りの打ち合わせは、申し込み頂いてから3回程度です。
なぜ、3回程度で済むかといいますと、私どもでは、写真や図を多用し、どなたにでも理解しやすい様に、と作った「画像・打ち合わせシステム」があるからなんです。これにより具体的な提案ができ、お客様のニーズを容易に引き出しやすいところが大きい理由ですね。またプランの段階で適正な価格を提示させて頂いています。お申し込みからご契約〜施工〜完成までの流れがとてもスムーズで、完成までの時間が短いのも当社の特徴なんですよ。価格面などでお悩みのお客様には、ご要望をベースに材料の変更など適切にアドバイスさせて頂いています。
西本 最近増えているお客様のご要望は?
松本 高齢化社会にむけてバリアフリーや、 地球温暖化などの対策として、エネルギー効率の高い高機能住宅などが注目されていますね。例えば、夏の熱さ対策で、なるべく家の中が熱くならず、冬でしたらどの部屋に行っても温度差がないような、お風呂入るときの脱衣室・トイレ・玄関などが寒くないなど、電気やガスを極力使わない構造によるデザインなどですね。
西本 最後にメッセージをお願いします。
松本 アットホームなコミュニケーションの良くとれた家庭を築いていくには、身近なところから考えなければいけないと思うんですね。その中で私たち住宅のアドバイザーが何か少しでもお役に立てれば、と考えています。まずは気軽にご相談頂いて、見て来て、体感していただいて、なるほどと感じ取っていただければと思います。
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      <Back  神奈川版 Next
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ