200mlの血液にオゾンを溶かすオゾン療法とは。

遠野 多くの患者さんに接してこられて、患者さまの精神状態についてお話をお聞かせ頂けますか?


前山 今はインターネットを見れば色々な情報を得る事が出来る。親戚の伯父さんはこんな治療法が良いと言っていた。など患者様自身が、どんな治療法が自分に一番あっているのか、判らないと混乱されていらっしゃる方が見受けられます。そんな方々へは、私の場合ですが相談だけでも結構ですと、医師として情報提供者の一人として、納得いただいた患者様しか治療は致しません。やはり選ぶのは患者様本人だからです。


遠野 メディアートクリニックさんでは、オゾン療法も取り入れているそうですが、私は美容で血液クレンジングの事を聞いた事があるんですが、それとは違うんですか?


前山 基本は一緒だと思っております。もともと血液クレンジングとは、血液を200cc外に取り出します。そこにオゾン、オゾンとはO3の気体を溶かし込むんです。オゾンは吸ったら猛毒です。しかし血液に溶かすとそれがクスリになると、ドイツ人が100年前に発見して、現地では医療目的で取り入れられています。しかし日本に入ってきたのは、アンチエイジング、すなわち美容目的で上陸しました。美容目的の場合はオゾン濃度が抑えられています。しかし私どもクリニックは病気に対しての使用ですので、高濃度のオゾンを作れる機材をドイツより取り寄せ使用しています。


遠野 では、この機材は日本ではここだけですか?


前山 今私の知る限り、当院と鹿児島に一台あるだけだと思います。これを導入してから、これを目当てに来院される方が増えています。


遠野 オゾン療法はどのような疾患に有効なのでしょうか?


前山 ヨーロッパなどでは、B型・C型肝炎やHIVウイルスの抑制にも用いられ、他にはガン、悪性リンパ腫、糖尿病による動脈硬化など多くの疾患に対して治療が行われています。実際患者様の反応としては、「肩こり腰痛が改善した」から始まり「顔のシワがのびた」といった事から、「肝硬変で余命2年が完治した」など、幅広い疾患に対して使用出来る療法です。


遠野 今回の記事を多くの読者がご覧になると思います。最後に先生からのメッセージをお願い出来ますか?


前山 知っていると知らないとでは、生活の質や人生が大きく変わると思います。皆様にお伝えしたい事は、諦める事はなく冷静に情報を整理して、後悔する事がないように自分自身で選ぶ事だと思います。もし私でお役に立てるようでしたら、ご相談ください。

 

 

 

 

■クリニックデータ■

●医療法人社団 鳳龍会 メディアートクリニック

住所/ 東京都中央区日本橋本町1-4-9 共同ビル新中央5F 地図を見る->>

TEL/03-6225-2165

■電話受付時間■
12:00~18:00

完全予約制
定休日/不定休

◆主な治療内容◆

コロイドヨード療法、大量自家血オゾン療法、二酸化塩素療法、温熱療法、糖尿病対策

水素注射療法、フコイダン点滴療法、石油点滴療法、ドイツ式ホメオパシー療法

ホームページ:http://mediart-clinic.main.jp/ http://mediart-colloidal-lodine.net