Report 三浦矯正歯科
三浦矯正歯科ロゴ
 欧米ではステータスな矯正装置。日本では、歯の裏側から矯正できたり、透明な装置など目立たない矯正が人気です。
見た目の美しさと機能面を改善するのが矯正です!

評判の矯正歯科 歯並びを、矯正で美しくする事は、上下の歯の噛み合わせを良くし、咀嚼の改善や、歯槽膿漏の予防などの健康な身体になる機能面とともに、整った口元が、心の豊かさをあたえてくれます。三浦矯正歯科さんには、八重歯や凸凹歯、受け口、出っ歯などでお悩みの患者さんや、治療期間も短縮できる、最新の超弾性型ワイヤーを使用されている事もあり、モデルや女優を目指される患者さんも多いそうです。


●三浦矯正歯科

矯正歯科専門の歯科医院  

住所/東京都杉並区高円寺南 4-6-10
プライム高円寺 4F
TEL/03-3313-1187

診療時間
平日 10:00 〜 13:00 / 14:30 〜 20:00
土・日曜 10:00 〜 13:00 / 14:30 〜 18:00
(但し日曜は第1,第3のみ)

休診日/月 曜・木曜・祝日

三浦矯正歯科院内
オフィシャルHP

JR中央線 高円寺駅下車 南口より徒歩3分


大西 先生は矯正歯科専門の、歯科医だと聞きましたが開業なされたのは、いつですか?
三浦 平成16年7月に矯正歯科専門の医院として開業しまして、数多くの患者さんに来院いただいております。
大西 矯正歯科医を目指されたキッカケを教えてください。
三浦 父が東京医科歯科大学の矯正科の名誉教授をやっていまして、それが歯科医を志すキッカケでした。父の影響は多大なるものを受けていたと思います。しかし、当時、父に対する抵抗みたいなものがありまして、大学の学部選択で、歯科の中でも矯正以外の分野に行こうとしたことがあったんですが、やはり矯正治療には「矯正だけの魅力」があって、まず歯を削らない、そして自分の歯だけで噛み合わせを作ることができるし、歯の持ちが良いなど、矯正治療だけにしかない特別な魅力に惹かれたんです。
大西 最近、審美歯科とかよく聞きますけど、矯正歯科との違いはあるんですか?
三浦 審美歯科とは歯のホワイトニングなどの見た目重視の美容的なものなのですが、矯正治療は上下のあごの位置を考えながら、矯正器具によって歯の噛み合わせを良くして、口腔内を健康に導く医療だと考えています。なので、矯正歯科と審美歯科は全く違うものになるんですよ。
大西 海外に行くと、歯並びが綺麗な人がとても多いですね。
三浦 そうですね。海外でも特に、アメリカは健康重視の国で、噛み合わせは健康に影響するもの、子供の体が不健康なもの(歯並びが悪いもの)をほって置くのは、親の責任だと、子育てに対する考え方が間違ってますという考えなんです。例えば、アメリカで八重歯や出っ歯の子が学校へ行くと、みんなから何か言われてしまう、逆に装置をつけている子はみんなから普通の目で見られるんです。
大西 そうですよね。日本では付けているだけでいじめられる、という恐怖心みたいなものがありますもんね。
三浦 ですから日本では、極力目立たないようにと、透明の装置や、裏側に付けたりする患者さんもいらっしゃいますね。その点、海外では付けていることがステータスの一部みたいな感じで、逆に目立たせるように付けている人もいるんですよ。
大西 日本人の歯に対する意識は?
三浦 少しずつ認識は変わってきていると思います。以前では出っ歯や受け口、八重歯、凸凹など歯並びの見た目の悪さを気にされて来院される患者さんが圧倒的でしたが、最近は”噛めない”、”咬み合わせを浴して欲しい”といった悩みを抱えて来院される方が増えています。
大西 初診から装置を付けるまでというのは、どれくらいかかりますか?
三浦 当院ではなるべく永久歯の抜歯をしないで治療するよう、最新の材料、技術を取り入れてはおりますが、アゴの骨の大きさに対して凸凹が多すぎる場合は、抜歯が必要になってしまうこともあります。その場合は抜歯を済ましてから装置を付けます。もしも歯並びが悪い人がそのまま放っておくと、80歳になった頃には歯はあまり残ってないかもしれません。矯正治療をしない場合は歯磨きをしたり、歯を大事にしてくださいね。大人が虫歯で歯を無くす事は少なく、ほとんどは歯槽膿漏で歯を無くします。歯は上下で噛みあっていることで長持ちするのです。現在、歯医者さんでは「8020運動」というのがあり、80歳で20本歯を残しましょうという運動なのです。なぜ、そのようなことを、やらなければならないかと言いますと、日本では80歳で、歯が平均9本しか残っていないんです。だから、若いうちに少しでも歯を残すための努力をしなくてはいけないのです。今、80歳で歯が20本残ってると、粗品が貰えますからね(笑)
大西 例えば、矯正装置を付けたときの歯の磨き方って変わってきますよね?
三浦 う〜ん、難しくは無いんですが、ワイヤーの上側と下側を分けて磨いてもらうとか、工夫が必要ですね。あとは、装置を付けてない人もオススメなんですが、歯に当てるだけで口の中で対流が起きて、当たってないところまで磨ける、アメリカの大学が発明した「超音波歯ブラシ」。これは私や、スタッフも使っているんですが、かなりオススメできます。
大西 超音波歯ブラシ面白いですね(笑)最後に読者にメッセージをお願いします。
三浦 毎月、通院するごとに、自分の歯が少しずつ治っていく、矯正されていくのを、患者さんが喜ぶその笑顔を見ると歯科医になって良かったと思います。「機能美」という言葉がありますが、見た目だけが美しいのは、すぐに飽きてしまうと思うんです。「機能美」とは「その機能を十分発揮することで発言する美」のことです。良い噛み合わせを持つ人は歯並びも美しいんです。ですから、矯正を恥ずかしがらずにぜひ挑戦してください。
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      <リビングライフ東京版
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ