名倉堂ひかり接骨院

 


 

谷 まずは、磯部院長が治療の道に進まれたきっかけをお聞かせください。


磯部 学生の頃からスポーツをやっていまして、ケガが多く骨折などで整骨院に通う機会が多かったこともあって自然と治療家の道を選びました。ちょうど進学の際に帝京大学に柔道整復科が出来たこともあって一期生として入学し、卒業後は栃木県の那須にある接骨院で5年間施術に従事してまいりました。


谷 独立されたのは2017年5月だそうですが、開業されてからはどのような患者さまが多いですか?


磯部 近所には学校も多いので、スポーツされている学生さんからお年寄りまで幅は広いですよ。


谷 呼吸器改善プログラムを提供されているそうですが、どんな内容になりますか?


磯部 姿勢が悪くなると前かがみになってしまい、そうすると呼吸の仕方も悪くなります。呼吸は姿勢とリンクしているという考えがあって!正しい呼吸が出来るようになれば姿勢も改善してきます。呼吸の仕方次第では肩こりの原因にもなったりしますので、正しい呼吸の仕方を指導させていただくプログラムです。


谷 腹式呼吸とは違いますか?


磯部 もちろんお腹も使いますが、うまく横隔膜を使っていない方が多いので、肺の上手な膨らまし方といった方がわかりやすいかもしれません。


谷 日常生活の中で、意識して呼吸をした事がないですね。


磯部 普通の人で1日約2万回呼吸していますが、普通は無意識のうちに呼吸をしているので、意識して呼吸法を変えましょうといっても実は難しいです。そこで簡単にできる呼吸改善プログラムを独自に作らせていただきました。呼吸が変わると楽になっていかれます。


谷 接骨院さんにある医療機器はどんなものがあるんですか?


磯部 当院にあるのは、主に痛みに特化したものが多く、最新機器を中心に揃えています。中には、お顔のリフトアップなどに使う機器もありますよ。これは普段使っていない表情筋を電気で刺激します。また3D立体動作波で腸内に働きかけ便秘などの改善に使えます。


谷 磯部院長の得意な治療は?


磯部 得意といいますか。前の職場で鍛え上げられたのが、骨折と脱臼は任せてください。


谷 最近は骨折などの場合、整形外科に行く事が多いと思いますが。


磯部 勿論、まずは整形外科で診てもらうのがいいと思います。それから、その後の処置について、柔道整復師は「ほねつぎ」と昔から言われて来ていますが、骨を手術とは違って手技のみで施術することに特化しているので、手術するのに抵抗がある方は接骨院に一度ご相談いただくのも一つの選択肢として考えられると思います。


谷 よく石膏で固めてから外すと、筋などが固まってリハビリが大変なんて事は聞きますが?


磯部 「拘縮(こうしゅく)」といって、関節の可動域が弛緩しなくなる事ですが、これは拘縮を残さないよう固定し、ある時期を経過したら動かしていって、従来の日常生活が送れるよう早く戻して差し上げるなど、治癒後のケアも柔道整復師の得意とするところです。


谷 骨折・脱臼以外にも、生活習慣病と言われている肩こりや腰痛の治療について教えていただけますか?


磯部 肩こりや腰痛などは自由診療となりますが、私の場合、筋肉のつながりを大切にした施術ですね。筋膜リリースといった療法がありますが、肩の張りを弛めるのに、手の指を刺激したり、足の筋肉をほぐしたりする全身調整法になります。よく施術してもすぐに戻ってしまうという方もいますが、私はそれが嫌いですので、痛みの原因の根本から改善して、健康な体づくりをサポートさせていただきます。

 


 

谷 「肥満が病気の原因」なんていうことも世間では語られますが、年を重ねると痩せたくても痩せれない人もいますよね。


磯部 そんな方にはダイエットプログラムもご用意しています。これは呼吸法・腹筋への刺激・腸の動きの改善を中心としたメニューですが、食事制限などはありません。


谷 これから取り入れていきたい事などありますか?


磯部 エクササイズです。今も週一回那須の方にダンスを教えにいっています。


谷 えっ!院長先生が!どんなダンスですか?


磯部 筋肉のパーツを動かしたりするPOPダンスや、LOCKダンスをやらせていただいています。また子供の頃から空手をやってきましたので、ケガの苦労を重ねてきたこともあって、患者さまの気持ちがよく理解できるので、これからも患者さまに寄り添った接骨院にしていきたいですね。

 

 

 

↑院長からのご挨拶が動画でご覧いただけます↑

■お店データ■

名倉堂ひかり接骨院

住所: 栃木県真岡市上高間木3-24-3

詳しい地図は>>>

facebook:

■アクセス

真岡駅よりバス

このエントリーをはてなブックマークに追加