リビングライフ Report OFFICE AYA 
オフィスあやロゴ
 英語を話したい!海外で暮らしてみたい!そんな夢をかなえてくれるのが留学、失敗を恐れず一歩踏みだすことで、人生観が変わることもあるはず!
カナダ・オーストラリアへの留学&ワーキングホリデーをサポート
海外留学  「もっと身近に留学を体験していただきたい」そんな思いから、本格始動されたOFFICE AYAさん。数々の留学やワーキングホリーデーをご自身で体験された経験からサポートしてくれます。自ら現地に足を運び、安心できる留学先しか紹介しないというポリシーのもと、現在はカナダ(バンクーバー・エドモントン・ウィニペグ)とオーストラリア(ケアンズ・シドニー)を紹介してくれます。海外で暮らしてみたいそんな貴方をバックアップ!

●OFFICE AYA
カナダ・オーストラリア
留学&ワーキングホリデーのサポート

住所/山梨県都留市四日市場89-6

TEL&FAX/ 0554-43-6572


カナダ留学
オーストラリア留学


大西 OFFICE AYAさんでは、海外留学とワーキングホリデーのコーディネートされていらっしゃるそうですが。開設されたのはいつですか?
小林 2009年4月から本格的に活動させていただきました。1980年から母がこの地で学習塾を開き、留学などご相談された方のみを対象にカナダに紹介したのが始まりなんです。私も小さいころから留学していた経験もあって本格的に始めた次第なんです。
大西 代表はどちらに留学されていたんですか?
小林 最初は中学2年の夏休みに農業体験と語学学習をかねてカナダへ、その後、移民向けのサマースクールをへて、現地の高校に正規留学し、大学受験にあわせて帰国しました。この時が本当の意味での留学でしたね。留学したのがカナダのウィニペグという町なんですが、大西さんはご存知ですか?プーさんが生まれ育った町として有名な町だったんですよ。その後、日本の大学に進学しましたが失恋を基にワーキングホリデーで再びカナダに渡りました。
大西 すごくユニークな経歴ですね。そんな方がコーディネートしてくださるんでしたら、心強いですね。こちらで手がけているのはカナダが中心ですか?
小林 はい。カナダとオーストラリアになります。オーストラリアは、以前熊本大学に留学でこられていた方が、シドニーで留学などのコーディネーターの仕事を始めたのを機に、僕自身現地に行ってみて「これなら安心して紹介できる」と思いましたので、始めたんですよ。私が紹介する所に関しては、実際私自身が行ってみて、先生方とお話をして、ホームステイ先や現地のコーディネーターを入れるのか入れないのかを、しっかりと話し合いをしないことには、安心して送り込めませんからね。ですので、調べてきて自信が持てる所しか紹介していません。
大西 留学する際の最低限の準備はなんですか?
小林 言葉がまったくわからない状態で、「行けばなんとかなるだろう」という方は、行かないほうがいいかもしれません。危機感がないと、何かあったときに対応が出ませんからね。当OFFICEが他社と大きく違うところは、航空券は自分でとってもらう事です。これは航空券を買うことで、留学に行くぞという気持ちを自らもっていただくようにしています。もちろん留学先の入学証明など必要書類は準備させていただきますが、書類など提出いただく際も手書きで書いていただいたり、保険などの手続きもご自身でできるようにサポートしています。これから一人で留学されるわけですから、留学に対する心構えを持っていただくことを大切にしたいといった当社の考え方なんです。あくまでも留学される方のサポートに徹する。それが現地に行かれた時に少しでも役に立てると思います。ですので当社では、手数料は18歳以上の方は一律2万円しかいただいておりません。
大西 桁が違うんでは?そんなにリーズナブルでいいんですか?
小林 これから勉強したい。将来に夢を求めている方たちに、できるだけ留学やワーキングホリデーを体験していただきたいですからね。
大西 留学など体験されることで、人生観など変わりましたか?
小林 私の場合180度変わりました。旅行と違って、圧倒的に現地の人と知り合える機会がありますし、カナダに留学していても、カナダ人以外の国の人とすごい仲良くなれました。まず語学学校が中心になるかと思いますが、メキシコやブラジル、アジア各国の方も一緒に学ぶ機会ができますので、自然と仲良くなってしまいますよ。それから日本という国のいい所に気づきました。日本人ほど日本を知らない事が多いですよね。
大西 英語を話せるようになりたいといった目的の方も多いかと思いますが、上達のポイントなどはありますか?
小林 意識の問題ですが、日本人同士でも英語で会話するよう心掛けることですかね。日本人同士だと、どうしても日本語で会話してしまいがちですが、意識をもってがんばった方は1年間でも、ぜんぜん上達のスピードが違います。
大西 最後に読者にメッセージをお願いできますか?
小林 当社で取り扱う留学先は、カナダですとバンクーバー、エドモント、ウィニペグ。オーストラリアですとケアンズ、シドニーとなっています。都市によっては複数学校を紹介できますので、お気軽にお問い合わせください。学校・住まい・空港へのピックアップなど、貴方の留学をサポートさせていただきます。私の友人も現地に多くいます。失敗することを恐れず、勇気を持ってチャレンジしてください。
 
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      <Back  山梨版 Next
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ