SACHIKO JAPON



田中 さっそくですが、こちらのサロンの経歴を教えていただけますか?


Sachiko 21歳のとき、当時インドエステが流行ってまして、中野にインドエステのサロンを3店舗経営しておりました。それから25歳の時に、一時お店を閉店して1年ほどフランスに自分の人生を見つめ直す機会を捜しに行きました。その後帰国してから5年間インドエステのコンサルティングをして、30歳を超えたときに再びこちらの中野でサロンを始めたんですよ。


田中 コンサルティングをやられた後、またサロンを始めようと思われたのは?


Sachiko コンサルティングの仕事をしていた時、やはり自分のサロンではないので、思った通りに事が進まず。それなら、もう一度自分のやりたいお店をやってみようと思い、こちらを新たに始めました。


田中 インドエステというのは、先生が日本で初めて広められたそうですが?


Sachiko はい。実は、当時は「インドエステ」と言われてなかったんですよ。インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を日本に初めて紹介した先生がいらっしゃるのですが、その先生がエステサロンの顧問をされていて、教えていただいていました。お陰で知識はつきましたが、アーユルヴェータは医学的な要素が強く、手技的なものが一切ありませんでしたので、エステに応用がきくマニュアルを自分で作っていきました。


田中 ご自身で?とても大変な作業だったんじゃないでしょうか。


Sachiko そうです。オイルを用いた「パンチャカルマ」という施術がありまして、インドでは医療として用いられておりますが、デトックス効果があり美容にもいいという事で、それをエステの方に用いたようなトリートメントをすれば体もスッキリするし、喜んでもらえるのでは?という話を先生から提案いただいたのです。それをベースに手技を組み立てていきました。


田中 実際にはどういったトリートメントになるんでしょうか?


Sachiko オールハンドでの施術、そして体を温める、独自調合のトリートメントオイルという3点を組み合わせたトリートメントになります。


田中 どのようなオイルを使われているんですか?


Sachiko 自分たちで開発したオイルになります。アーユルヴェーダ本場のオイルを使ったこともあるんですけど、それは臭いがキツ過ぎたり、色素も強くてお肌に色がついてしまうこともあって、日本のお客様には耐えられないんですよ(笑)


田中 アロマの香りでしたら良いですけど、Sachiko先生が臭いというくらいですから、施術後電車に乗れませんよね。(笑)


Sachiko それでオイルの開発も自分たちでやりました。だからうちのは臭くないですよ(笑)それから、当店ではマットも体を乾燥させないように、湿気を帯びながら身体を芯から温め発汗作用を促進するのも特徴で、すべてオリジナルなんですよ。


田中 始めて利用する場合は、どのコースがオススメですか?


Sachiko もちろんアーユルヴェーダですね。フェイシャルから全身の施術になりますので、全部で2時間くらいはかかります。


田中 そうすると1日に施術できるお客さんは少ないのでは?


Sachiko 1日に2人までしか出来ません。お客さんの間も時間をあけるようにしています。


田中 こちらのお店は、雑誌やTVなどでも多数取り上げられていらっしゃいますね。最後に何か一言、メッセージをお願いします。


Sachiko オールハンドでマンツーマンでやっています。ぜひ一度試してみてください。

 

 

 



●sachiko japon

アーユルヴェータ・インドエステ

住所/ 東京都中野区中央5-41-6

ウィネット102

TEL/03-3384-7841

■営業時間■

11:00~18:00
定休日/月曜・祝日

お問い合せの際は
「リビングライフを見て」というとスムーズです。

SACHIKO JAPON ホームページ