シルバーブランド



田中 このようなお店を始められた経緯をお教えください。


匠石 幼少の頃から将来の計画表というものを作成してまして、社会に出てからも計画どおりに貯蓄をし、かねてから夢でした、「占い」の仕事をこのように自らの力で開店開業いたしました。開店後も、「占い」について更に深く研究をしておりました。そうしましたら、「運というのもは一体なんなのか」と考えるようになりまして、「運」というのはもともとあるわけでなく、性格によって結果が一定してくるんじゃないか。というような研究をずっとしながら、お店を続けております。


田中 来られる方に対して心がけていらっしゃることなどありますか?


匠石 私の性格が変なところが几帳面なものでして、占いであっても「なんとなく」といった占いではなく、明確に役立ててもらえることを目標にしてきました。


田中 では、占いのための勉強というのは、どのような事をされるんですか?実践とか?


匠石 そうですね。いろんな分野の書物を読んだりしますね。一見無関係なようでも、そのような知識があると役立つことが多々ありますので、経済学、心理学、医学系の本なども読んだりいたします。体調なども性格の違いでいろんな傾向などありますので。ですので、簡単に「運」という言葉で片付けないで細かくお話ししますね。例えば男運の悪い女性っていらっしゃいますよね?


田中 そう言われている人たちですね。(笑)


匠石 そうです。その方たちはどうしても悪い男性に当たる!と言われるんですが、何故なのかというと、例えばですが、「プライドが高くてこの人には私がいなくちゃダメだな!」という男性を選びがちだったりするんです。それを毎回選んでいるとその方が選ぶだけあって、やっぱりダメな男性なんです。なので結果的に最後に本当にダメな男だったと後悔するんです。そういったことの積み重ねなんですよね。本人たちはまさかそれが原因だとは気づかないので、何故か毎回結果がこうなる。と言う事になるんです。ですので私のところでは、占いと言いましても性格由来から見るので、運気という言葉で片付けたり、今年と来年はいい年ですよ!とか言いません。基本的に365日何も無いことはありませんので、そういう視点では私はお話ししません。ですが、みなさん自分の性格というのはあまりにも当たり前すぎて、「みんなもそうなんじゃないか。」と思いこんでいるんです。ですから、他人の行動が理解できなかったり、愚かに見えたりするわけですが「何が一番大事か」などの、そういうものの優先順位が違ったりすると、話が噛み合わなかったりするんですね。そういった事をたとえばですが、カップルで来られた方に対して、二人の間の咬み合わないことに対して、あなたと彼氏がこういうことになっているのは、彼はこういうことが大事で、こういった意味で、こういう言葉で言っているのが、あなたの価値観だとその言葉を別のこういう意味に受け取ってしまっているから、彼が理不尽なことを言っているように聞こえるんじゃないかな?とか、こういう意味で彼は言っているんだよとか、あなたの気持ちを彼に伝えるんならその言い方じゃなくて、この言い方にしてあげないと、彼は理解できないとか。このような感じで具体的にお話ししております。


田中 では、こちらでは占いをベースにしたカウンセリングルームのような感じなんでしょうか?


匠石 カウンセリングですとカウンセラーの価値観が結構入ってしまう感じがするんですね。「〜すべき」とか「子供は親に対してこう思うべき」というような価値観が入ってしまっている時が結構あったりしますので、私からすれば荒っぽく感じるんです。私が来られた方に対してお話しする場合ですと、自分の価値観は始めから除外して、どのようなことを相談者は求めているのかを理解して、そのゴールに向かうための考え方とかアドバイスが出来たらいいなと思っているんです。ですので私の価値観を押し付けることもないと思います。逆に自分で自分が分かっている占い師じゃないと出来ないと思うんです。普通どうしても個人的な価値観が入りますから。一番困るのが、「失恋したんですが、次の出会いはいつ?」といったことを聞かれるお客様が困るんです。(笑)


田中 そういうときはどうお答えになるんですか?


匠石 商売ベタなので(笑)それは本人の行動によりますとお答えしております。恋愛に優位な方というのは言い方を変えると出会いを一番求めているんですよね。なのでとても素敵な方なのに相手が出来ないとおっしゃる方がいますが、実は資格をとったり、勉強するのが好きだったり。彼氏との時間を心のどこかで勿体無いと思っている人たちが結構そのような発言をすることが多いように感じるんです。例えばしし座の方はプライドが高くて非日常を求めますので、そういうかたは恋愛のドキドキ感を求めるので、恋愛に対して努力するんです。なのでそういうかたは機会が増えますね。反対に仕事や勉強が楽しいって方は片手間で、リスクなく恋愛をしようとするんですね。リスクなくというと告白しないのが一番じゃないですか!辛い思いをしませんから。なので、すごい素敵な方でも告白しないと伝わりませんから。しかも言わないでいると恋愛に興味ないのかと思われたりしますね。


田中 では西洋占星術がメインなんですね?


匠石 はい。星座占いっていうと遊びっぽいイメージがあるんですが、星座って実は一人に10個も20個もあるんです。一個ではないんです。ただ表にしてパッと求められる星座が一つなのでそれを一般的には星座占いとして遊びのような感覚で使っているんですね。なのでキツイ言い方をするとあまり当たらないあまり実用性ないんですね。(笑)でもちゃんと一人に星座がいくつもあるのを見ていくと、「本当はみんなと仲良くしたいけど怒りん坊」とかだと周りとうまくいかないじゃないですか。そういった矛盾点が悩みの種になりやすいので、悩み事を聞いたときにただガマンしろではなく、あなたの場合こういう2つの欲求がぶつかっているので、片方の欲求を満たせばもう片方の欲求も違う上手い表現が出来るんじゃないかと、いうように具体的にお話していきます。


田中 いろんな角度から判別していけるんですね?


匠石 そうなんです。


田中 料金はどのくらいになりますか?


匠石 30分800円です。


田中 とても安くないですか?


匠石 30分で帰られる方はあまりいらっしゃいませんので。


田中 でも2時間としてもお安いですよ!


匠石 できるだけ少しでも来られた方のお役に立つようにと思いますとできるだけ時間があったほうがいいので、来ていただきやすいこのような料金設定にしております。だいたい2時間ぐらいで一般的な占いのところの料金と一緒ぐらいですね。あと、お名前を聞きませんので、悩み事を言いやすいと思います。


田中 先生にとって運とは何だと思いますか?


匠石 分析することができないからとりあえず付けた名前ということでしょうか。原因が分からないときに運というとなんとなく分かったような気になれるものでしょうか。


田中 納得せざるしかないといった感じでしょうね。


匠石 でも運というと、その人の責任じゃなくなるので柔らかい言葉という意味にもなるんです。私のところにご紹介できた方で、紹介してくれた方に覚悟して行ってね。と言われたとおっしゃる方もいましたので、口調はキツくありませんが運でかたさずに事実をお伝えするわけですが、心から納得するとズシンと来るみたいです。


田中 確かに自分と向き合うってすごく勇気のいることだと思いますね。運という言葉で逃げてもいいけれども本当に変わりたい場合本当の自分に向き合わなければ未来はないわけで、そこをズバッと。(笑)


匠石 そうなんです。本気で変化を求めている方にはいいのですが、気楽に慰めてもらいたかった方にはキツイみたいですね。なのでせめて言い方だけでも優しく接するように気をつけています。(笑)


田中 占いらしくない占い屋さんですね。(笑)


匠石 そうですね。私も他にこういう占いの使い方をしている方とお会いしたことないので珍しいかもしれませんね。一応占いを使っているので占いって宣伝したりしますが、調度よい表現が見当たらないのでお伝えするのが難しいですね。映画は体験した人しか良さとかわかりませんよね?占いも同じかなと思っています。


田中 ぜひ今後も活躍楽しみにしております!!!今日はありがとうございました。

 


■お店データ■

SILVER GROUND

占い・カウンセリング

住所:埼玉県川口市

TEL:048-833-0441

対面・電話・メール鑑定

(対面鑑定は完全予約制となっております。まずはお電話にてご予約ください!)

アメブロ:http://ameblo.jp/silverground/

このエントリーをはてなブックマークに追加