塾長からのご挨拶

【経歴】

広島県東広島市出身。小学校は父親の転勤のため岐阜、大阪、香港、埼玉と4校経験。
海城中学高等学校を経て慶應義塾大学環境情報学部を卒業。

神奈川県市立高校の教員、慶応義塾大学SFC研究所所員(有期)を経て現職。

2012年には総務省域学連携プロジェクト(屋久島町)の講師も務める。

「人」の力を最大限に発揮させること・学習を通じて人生に思う存分向かうサポートをさせていただくことが、私の使命であり喜びです。

10代のころ私は一人悩んでいました。
学校ってなんだろう、塾ってなんだろう、なぜ勉強するんだろうと。
当時は分かりませんでした。
「人間の価値を決めるのは成績じゃない」なんてきれいごとは嘘だ!成績が良い人が威張れて成績の悪い人がバカにされているじゃないか、と思っていました。

縁あってある個別指導塾に通い始めます。
そこでは1対1の授業から少人数のグループ授業が行われていました。
のびのびとしたコミュニケーション環境で授業を受けるだけでなく、様々なことを先生や仲間と話しました。
あるとき先生に言われました。
「夢が見つからないのは勉強が足りないんです」
「夢が見つかったら、自分の興味あることが学べる大学に入るために勉強する」
今となっては当たり前のことですが、当時はそんなことを私に分かるように言ってくださる先生とそれを共有できる仲間がいて、安心して勉強に取り組むようになりました。

その後、私は高校の教員や部活指導など学校での教育活動にも携わってまいりました。
そして今、上海の個別指導塾WITで塾長をさせていただいております。
多くの若者に、肩身の狭い思いや理不尽な気持ちから抜け出して「わかる楽しさ」「知る喜び」「議論する面白さ」を知ってほしい。
そして将来、自分の夢に向かって、また自分の夢が生まれたときのために、大学進学のための基礎学力をつけてほしいと切に願っております。