リビングライフ Report 安田クリニック 
安田クリニックロゴ
 外科・消化器外科・肛門外科などの専門診療を中心に、身体の事なら何でも相談できる町のお医者さん!
胃ガン・大腸ガンなどの内視鏡センター!
消化器科  静岡県浜松市にある「安田クリニック」さんは、日本人の死因の一つにもなっている胃ガン・大腸ガンの早期発見と在宅緩和医療を中心に、これからの地域医療のあり方に取り組んでいられます。胃・大腸の内視鏡検診では最新の電子スコープ画像を患者様ご自身にもご覧頂きながら検査治療が受けられますよ。

●安田クリニック
消化器外科・肛門外科

住所/静岡県浜松市北区都田町9307-24

TEL/053-428-8311

診療時間/午前9:00~12:00 午後3:30~6:00
休診日/ 日曜・祝祭日

安田クリニックホームページ

肛門科
ガンの早期発見


大西 平成21年4月に開院されたそうですが、どのようなクリニックを目指されて開院するに至ったのでしょうか?
安田 まず当院の柱としては、日本人の主要な死因の一つでもある胃ガンや大腸ガンなどについて、早期発見する為の内視鏡検査と、在宅での緩和医療を中心とした、地域医療を提供する事を目指して創設させていただきました。
大西 安田先生が専門とされている診療科目について教えていただきたいのですが?
安田 専門は外科と消化器外科ですが、私自身としては外科や内科など診療科目の垣根なく全身を診るのが医師の仕事と考えています。外科医でいうならば、これは術前・術後管理がとても大切だからです。外傷をあえておわせて内蔵の治療をおこなう為、傷を癒してもとの身体のコンディションを取り戻す為には、点滴やら抗生物質の量など内科的な診療が凝縮されているからです。ですので本来医師免許には内科や外科などの領域の区別はありませんが、医師それぞれは、一番強いものを専門に診療されてこられていますので、病状にあわせて、信頼のおける担当医を紹介できるかが私たち地域クリニックの仕事でもあります。
大西 なるほど!私は今まで大きな病気になった事がありませんが、いざというときに何科に行ったらいいか分からないですよね。そんな時、先生のような身近なクリニックの先生がいらっしゃると安心ですね。
安田 今、当院では外科・消化器外科・肛門外科・内視鏡センターとうたっておりますが、身体の事に関しては、一通り相談にのり、必要であれば信頼のおける専門医を紹介する「道案内」ができるクリニックを目指しているんですよ。これは大病院に患者さんが殺到するという現在の医療の問題にも関わっています。もちろん大病院でしかできない精密検査・治療などもありますが、大病院ではなくても診療できる方もいらっしゃいます。そんな患者様としっかりと向き合い、必要であれば、その道に強い病院や先生を御紹介することが私たちのクリニックの地域医療での役割なんです。 
大西 ます院内に入って驚いたのが、待合室の椅子が個性的で種類が多い点ですが?
安田 どうしても患者様にお待ち頂く時間ができてしまいますが、デザインの違う椅子をランダムに配置する事で、お好きな椅子に自由に座って頂いたり、移動できたりするため、リラックスしながらお待ち頂けるかと、クリニックを設計する時にこだわった点なんです。他にも大腸の内視鏡検査の際には下剤を飲んで頂きますので、お待ち頂く時には、トイレの付いた専用のプライベートルームを4部屋作りました。
大西 患者さんにとって、とても配慮の行き届いた環境なんですね。内視鏡検診の必要性について教えていただけますか?
安田 よくガンについては早期発見が大切ですとお聞きするかと思いますが、まさにその通りです。ガンは初期には症状がほとんどない為、発見が遅れる事が多いのです。医学の進歩によって早期発見例に関しては、身体の負担が少ない治療法の工夫に高い成果が上げられています。これは内視鏡一つとっても、基本的な形や操作方法などは変わりませんが、中身のアイデアや操作性などはかなりの進化を遂げています。大腸ガンなど検査は内視鏡が主流ですが、平坦型の大腸ガンも確実にみつけ、ポリープ切除などの治療も同時に完結できる。それにはやはり専門の技術をもった医師に相談される事が大切なんです。健康なとき程「定期検診」をする事が重要です。
大西 2本柱の一つである在宅医療については、どのような取り組みを?
安田 ガンについても医療の進歩は目覚ましいものがありますが、依然として限界があるのも事実です。人生の最後を自宅で迎えたいと考える患者様も多いのです。当院では、自宅への帰り道を示し、痛みや不安を和らげて自宅で人生を全うしていただくために往診に力をいれています。
大西 最後に読者にメッセージをお願い出来ますか?
安田 「病気は常に身近なもの」でもあります。身体の点検という感覚で、内視鏡を受けていただける環境をつくる事がこのクリニックを開設した意味でもあります。「医療への入り口と帰り道」の「道案内」を理念として、工事中の駅で道案内のために生まれた「修悦体」のロゴ・マークのもと、地域医療を柱に診療をおこなっていきます。
 
←リビングライフTOPへ ▲ページ上へ▲      <Back  静岡版 Next
copyright(c)Living-Life.co.,ltd All rights Reserved 無断転載禁止©リビングライフ