ゆるの木



田中 心理カウンセリングとヒーリングのサロンとお聞きしておりますが、始められたきっかけなどお聞かせください。


石田 2010年の4月から自宅サロンとして行っておりましたが、その後何度 か場所を変え 2014年4月より、こちらへ移転いたしました。サロンを始める以前は、会社に勤めていまして、朝早くから会社に行って、夜も終電まで働いて帰るような生活を送っていました。その後、結婚し出産を機に転職を考えた時、自宅で出来てなおかつ、子どもの教育に携わる仕事に携わりたいと思い、学習コーチの仕事に就きました。ですが、そこで知ったのは、精神的な悩みを抱えるお子さんが大変多いという現実でした。メールでのカウンセリングサポートをしていたのですが、メールを介しての言葉だけでのアドバイスでは限界があります。とは言っても、他に支援する方法もなくジレンマを感じておりました。出来れば直接「ギュッと抱きしめてあげたい」という気持ちもありますが、なかなかそういう わけにもいきません。そこで、心と体のリラクゼーションに効果的と言われる気功や整体を通じてなら、皆さんに喜んでいただけるのでは!と思い体のケアの勉強をし始めました。みなさん頑張りすぎて体調を崩してしまいますので、まずは身体のメンテナンスという形から入っていくことで「心のコリ」にもアプローチできたらと思ったのです。その後しばらくして、カウンセリングに来られている方ではなく、なんと、私自身の家族が「うつ症状」に悩まされ、自宅療養することになってしまったのです。もちろん家族の身体のメンテナンスもし続けましたが、もっと効果的な方法はないものかと思い、半信半疑ながらもヒーリングを取り入れてみました。するとそれまで固かった表情に、みるみる変化が見られ自己開示も出来るようになり、カウンセリングを受けに行けるようにまでなれたんです。そして話もできるようになり、トータルで3年かかりましたが、無事に社会復帰することが出来ました。私自身の経験でヒーリングがとても役立ちましたので、いろんな方々にもこれは広めていきたいなあと思っています。


田中 では習得されたヒーリング、整体、気功など全てを融合した形で提供されているんですね。


石田 はい。その方その方にあった効果の出しやすいアプローチで、ヒーリングをさ せていただいて、それに心理療法も組み合わせています。


田中 「心の学校」ではヒーリングや心理セラピーが学べるのですね。


石田 はい。こちらでは「一家に1人セラピスト」という思いから、お家の方1人はセラピストになってみませんか?ということでお教室を始めました。


田中 お母さんの手は魔法の手といいますしね!


石田 そうなんです。夫が機嫌が悪いとか、子どもがクサクサしているというときに「機嫌が悪くって!」とストレスに感じるのではなく、「そこに寝てみて!」と、言えることで自分自身すごく救われていると感じていますね。


田中 こちらの絵は・・・?


石田 こちらはカラーセラピー色彩心理になっていまして、ヒーリングと合わせますと、結果が色と絵で見えるんです。始める前と最後に描いていただいているのですが同じでもいいですよとお伝えするのですが、一人として同じに描かれた方は居らっしゃらないんです。物事をみて感じる視点が変わられるので終えてから選ぶ色や描かれた絵は変わっていますね。


田中 先生は何故ネガティブな感情になると思われますか?


石田 そうですね。そういった問題のあるところに意識が行くのは本能なんだそうです。生きている限りは。問題あるところに気づかないと生命や生活に危険が及びますから。どうしても問題点ばかりに気が取られがちですが、ネガティブに思考が向かうというのは自然なことですが、そこにとらわれると全てがネガティブになりますので、そういう時は誰かの力を借りたり、誰かと話をしたりという範囲で解決するのであれば人に会ったり、いい映画を 観て解決するのならそれも方法ですし、そこに意識的にカウンセリングを受けてみたり人の手を借りてみようかなと思ったときにいらしていただけたらと思いますね。ですので、「ネガティブ」というのは、実は「ネガティブ」ではなく生存本能だと思います。


田中 では最後にひと言お願いします。


石田 まずは皆さんがご自身の最大のセラピストになっていただくというのが一番の目標です。手だてを持つことや知ることで、生き方が楽になったり、知らないから辛いことってたくさんあるので、いろんな可能性を試していただきたいと思います。


田中 ありがとうございました。

 

 

 



●ゆるの木

こころカフェ

住所/ 東京都八王子市東浅川町537-23

メゾンドノア東浅川102号室

お問い合わせフォーム

 

■営業時間■

10:00~18:00(予約制)

 

お問い合せの際は
「リビングライフを見て」というとスムーズです。

http://yulnoki.com/