ホームドクターとして親子3代の健康を見守りたい!【Alohaさおり自由が丘クリニック】

自由が丘駅北口から徒歩5分。それぞれの悩みに寄り添ってリラックスできる環境を整え、患者様もスタッフも笑顔あふれるクリニックへ!



滝沢沙織

まず院名にAlohaを使われていますが、なんでアロハなのだろうとお聞きしたかったんです。

藤堂紗織

ハワイが好きなんです。ハワイに行くとみんな笑顔でリラックスしていて、当院もみなさんがリラックスして過ごせる場所になればいいなと考え、Alohaさおり自由が丘クリニックとさせていただきました。

滝沢沙織

では来院される方は皆さん笑顔ですね!

藤堂紗織

そうですね。院内も次亜塩素酸水を用いた空間除菌をしているので、クリニックならではのエタノールなどの臭いや暗いイメージがありませんので、初めての方でもリラックスして診療にいらっしゃっていただけるように感じます。

滝沢沙織

入ってきた時も院内の色使いとか。すごく明るくて!気持ちもハッピーになれそうです。そんな印象をすごく感じました。

藤堂紗織

ありがとうございます。親子3世代を診ていけるというのを目指していまして、お母さんも安心してお子さんと共に診察出来るそんな環境を提案したいとデザインしました。

滝沢沙織

内科は、診療されている症状の幅がとても広いと思うんですが、主にどんな診療を?

藤堂紗織

高血圧・糖尿病、高脂血症・血尿の方などからカゼまで診ます。当院は、内科・皮膚科・美容皮膚科を標ぼうしています。私は内科で透析医療に長くたずさわっており、患者様が水虫や足の潰瘍など、皮膚が弱い方が多くて、皮膚の治療も一緒にやっているような感じでしたので、開業する際になんでも相談できる内科として幅広い医療を提供させていただこうと思いました。

滝沢沙織

受付を中心に左右に待合室がありますが?

藤堂紗織

内科と美容皮膚科では患者様の症状が違いますので、空間除菌しながらそれぞれ待合室と診療室を別にしています。


滝沢沙織

そうなんですね。内科によって診療内容はそれぞれなんですか。

藤堂紗織

例えば内視鏡などによる消化器系の内科など中心にされている先生もいらっしゃいます。当院にいらっしゃる患者さんですと、今の時期は喘息・花粉症やインフルエンザなどが多いですね。当院は内科の診察券で皮膚科も美容皮膚科も気軽にうけていただけるクリニックと考えていただければ嬉しいです。美容皮膚科に足を運ぶのに少し敷居が高く感じている方が内科診察時に相談できたり、美容皮膚科で診察を受けている方が、「なんだか最近調子が悪くて。」と言った場合も内科で気軽に診療を受けることができます。

滝沢沙織

自由が丘で開業されたのは?どうしてですか?

藤堂紗織

生まれは世田谷の方なんですが、研修の頃より自由が丘に住んでいます。近所のお店や街のことも知っているので、患者様との話題もつきないので、医師と患者様という関係からもう一歩身近に感じていただければいいなと、自由が丘を選んだ次第です。

滝沢沙織

患者様を診察する際に大切にされていることなどありますか?

藤堂紗織

本当に一期一会だと思っているので、来院された方が何でも相談していいんだと思ってもらえること、最近はコロナの話題で連日ニュースを見ているだけで、体調不良を訴えて来院された方が、診療以外のお話も通じて、不安を解消してご帰宅いただくことも大切だと思っています。

滝沢沙織

それだけでも安心を考えていらっしゃって、その上で症状をみてあげるのが、患者さんには一番いいですよね。藤堂先生が医師を目指したキッカケは?

藤堂紗織

子供の頃はお爺いちゃん子で、大好きな祖父が糖尿病からの透析治療、そして失明してしまったんですね。それから眼科医になって眼を治してあげたい、そして糖尿病を治してあげたいと思うようになって、幼稚園の頃から医者になりたいと思っていたんです。

滝沢沙織

お爺さんを治したいという思いからスタートして、治してあげたいという気持ちは今来院されている方にも伝わりますね。

藤堂紗織

そうなんですよ。小さなお子さんの患者様からお手紙をもらって「将来お医者さんになりたいと」書いてあって、とっても嬉しかったですね。


滝沢沙織

わかります。私も俳優をやっていて、よくお手紙をいただくんですが。皆さんが同じ夢を持っていただいたことに感動します。自由が丘は少し特殊な感じがするんです。昔ながらの物もあるし、新しい物も一杯入ってくるイメージがあって、Alohaさおり自由が丘クリニックもそれと同じで新しいクリニックの形を作っていく、それが大事なのかな。と感じました。いつも思うんですがインフルエンザの患者さんやカゼの方がいらっしゃったりして、先生ご自身に移ってしまったということはないんですか?

藤堂紗織

もちろんそれでお休みされる先生方もいらっしゃいます。ただおかげさまで私はこの10数年ないんですよ。

滝沢沙織

えっ!その健康の秘訣はなんですか?

藤堂紗織

子供の頃は、学校でプールに入ると風邪をひいて、風邪を引いたら中耳炎になって鼓膜切開して、治った頃にまたプールに入ってを繰り返す子供でした。喘息やアトピーなどもっていたので弱かったと思います。そこから睡眠、食事を気をつけるようになって、後は無理をしすぎない事。それと予防をして行く事、必要なワクチンはもちろん摂取します。手洗いを気をつけたり最低限のことをしっかり意識してやってきたと思います。そうしたら徐々に薄着でも大丈夫になりました。

滝沢沙織

えっ(驚)どうして?

藤堂紗織

真冬でも半袖で診察していますし、代謝がいいんでしょうね。運動したり簡単なストレッチ、飲みものを常温にするだけでも変わってきますよ。私はなるべく薬を減らしたいという医療を推進しています。食事制限や運動もきつくしすぎず、一緒に頑張っていけるようなアドバイスをさせていただいています。

滝沢沙織

一緒になって同じ立場からのアドバイスをいただけるというのは安心に繋がりますね。

■クリニックデータ
Alohaさおり自由が丘クリニック
〒152-0034 東京都目黒区緑ヶ丘2-24-15-3F
TEL 03-6459-5068
公式サイト