プロアスリートも通うパーソナルトレーニングジム【Eir Conditioning Room】

専門知識を有するトレーナーによるパーソナルトレーニングで、パフォーマンスを引き出す!プロ選手のコンディショニングトレーナーを努める代表による質の高いレッスンが受けられます。千葉駅にも近いので気軽に通えるのもうれしいポイント!

滝沢 理学療法士とJARTAというトレーナー資格をお持ちだそうですが、カラダのことについて興味をもったキッカケなどあれば?

祐太 プロのサッカー選手を目指していた頃ですが、怪我をした時には治療家さんやトレーナーさんなどそれぞれの専門家のお世話になる事が多かったので、プロを諦めた時にこういった仕事もいいなと思っていました。理学療法士をやる前に介護士をしていて、夜間の学校に通いながら国家資格の理学療法士を取得したのですが、介護の現場では理学療法士の知識は必要でした。人の日常生活を守るには、回復をさせる仕事に携わりたかったんです。

滝沢 選手時代は怪我は多い方だったんですか?

祐太 足首の捻挫はしょっちゅうですね。その時は整形外科を中心に治療を受けていました。それと当時は筋トレとかがメインで、今はムーブメントトレーニングやアニマルフローそれこそJARTAなど、色々なトレーニング法が出てきて、そこには身体操作と言われているような、カラダの使い方を指導するトレーニング術が主流となっています。

滝沢 アスリートなどのトレーナーとしても活躍されているそうですが。

祐太 スポーツ選手など困っている方のサポートをしていきたいという目標がありました。サッカー選手時代はJリーグのユースチームにいた事があって、競争がとても激しく自分自身が困っている事が結構ありました。どうしたら理想のプレイが出来るか。サッカーだけではなくて違う面をもっと知りたかったので、色々なトレーニング術以外の勉強もしてきました。整形外科でのリハビリですと治療の手助けはできるんですが、選手の本当の悩みまではサポートする事ができないので、「Eir Conditioning Room」のような施設を作る事で、アマチュアからプロ選手の本質的な悩みを解消できるトレーナーとしても仕事をさせていただいています。

滝沢 こちらはスポーツ選手以外の利用はあるんですか?

祐太 はい。以前から高齢者の予防体操なども行っています。この場所は千葉駅からも近くアクセスがいいので遠方のエリアからも足を運んでいただいています。。

滝沢 どのようなトレーニングが中心になるんですか?

祐太 ご覧のように店内には大型のトレーニング機器は置いていません。基本的には自重トレーニングと言って自分の体の重さを使ったトレーニングになります。ヨガに近いものからアクティブに動くようなものまで、ステップワークなども行います。

滝沢 トレーニング法は多岐にわたるわけですね。競技はなんでも?

祐太 サッカーだけではなくボクシング、サーフィンなど競技は問いません。手段は選ばず、その選手のパフォーマンス向上のためには、あらゆるトレーニング法を駆使していきます。

滝沢 ではスポーツ選手と一般の方の割合はどのくらいですか?

祐太 スポーツ選手の割合は2割程度で、他には慢性疼痛障害といって、病院などに通っているけど慢性の痛みが続いている方。そんな方には手技による施術と運動療法の指導を取り入れ症状の改善を目指していきます。

滝沢 プロ選手のサポートもされているそうですが、どう言った経緯で祐太さんの事を知られたんですか?

祐太 選手時代の友人がプロとして活躍していたり、トレーナー仲間がチームの専属トレーナーをしていて、症状などによってサポートを依頼されることなども多いというところです。

滝沢 カラダのバランスを整えるということは大切だと思いますが、コミュニケーションというのも大切だと思います。気をつけていることなどありますか。

祐太 コミュニケーションに関しては、まずは距離感ですね。クライアントさんの表情や言葉などから適度な距離感に気をつけています。

滝沢 確かに友人に対しても信頼関係を築く上での距離感というのは大切ですよね。それが指導する側とされる側の立場と考えると、その感覚は難しいですね。

祐太 心が元気な人と疲れている人がいると思います。けれど心が元気でもカラダが動かない。またその逆で、カラダが元気だけど心が元気ではない。私の仕事は、まずは心のケアから始めさせていただいて、それによってトレーニング内容も変わってくると思います。

滝沢 「病も気から」というように、メンタルの改善が大切と!

祐太 メンタルと表現すぎると大きすぎるので、思考、考え方、捉え方、受け入れ方、それを細分化して分析していきます。試合のなかで、その結果をどう受け入れるか。それに対してどう課題があって、どう考えて、どう改善していくのか。というところに落とし込んでいかないと成長というものがありません。我々の仕事は、方向性を導き出すことで、選手が無闇にトレーニングしても時間がかかってしまう事がありますので、時間を効率よく使う事が、レベルがあがれば上がるほど大切なことになってきます。

滝沢 皆さん問題点をわかって相談にいらっしゃるんですか?

祐太 プロははっきりと自覚しています。育成選手ですとわりとザックリと上手くなりたいという相談です。

滝沢 そんな人にはどうするんですか?

祐太 目標としている選手を聞いて、試合中などの動画を持参いただいてよくしたいと思っているプレーを照らし合わせ引き算をします。自ずと欠点や必要な事がでてきます。

滝沢 こちらでは、運動選手だけではなくて、ダイエットしたいとか健康を意識してトレーニングをしたいという方も多いそうですね。最後にそんな方にもメッセージをお願い致します。

祐太 先ほどお話ししたように、目標を叶えるために効率のいい最短のトレーニング術を提供させていただきます。自重トレーニングが中心ですので覚えていただければ、ご自宅でもできるトレーニングを指導させていただきます。

●Eir Conditioning Room 代表 祐太 Yuuta
1986年東京都葛飾区生まれ。千葉県千葉市育ち。5歳の時にサッカーに出会い将来プロ選手を目指す。16歳から某Jリーグチームのユース選手となる。現役の時に経験した悩みを解消したいと思い将来パーソナルトレーナーの道へ進む為に理学療法士の資格を習得して介護の現場も体験する。2017年にJARTA認定スポーツトレーナーの資格を取得。2017年6月に仲間と共に「Eir Conditioning Room」を立ち上げ2017年8月に代表に就任し現在に至る。公式サイト:https://www.eir2017.com

滝沢沙織

1999年にユニチカ水着キャンペーンガール選出され、2004年フジテレビドラマ「プライド」や「マルモのおきて」、テレビ朝日ドラマ「DOCTORS 最強の名医シリーズ」など数々のドラマ出演。また「秘密のケンミンSHOW」、「林修の今でしょ!講座」などのバラエティーでも活躍!NHKBSプレミアム「晴れ、ときどきファーム」レギュラー出演中!
インスタグラム:@saori_takizawa.official