痛みの原因がわからない!不定愁訴でお悩みの方に!【ラピスメゾン銀座】

ココロの影響がカラダに症状として現れる。延7万人を施術してきたオーナーが、東洋医学を基本に心と体のバランスを調整してくれるレディース整体を中心に女性の悩みを解消へ!


上原 ラピスメゾン銀座さんはいつから銀座で営業されているんですか?

田畑 銀座でお店を構えてからは20年。営業を始めてからは2021年で30周年を迎えることができました。

上原 おめでとうございます。レディース整体などの調整術をされてこられたそうですが、どうしてこのお仕事を始めることに?

田畑 まず私のカラダが弱かった事。家系的にも病弱な家系で、普通のことが普通にいかない事が沢山あって、皆さんの想像されるカラダが弱いというレベルではなくて、例えば祖父が全盲で祖母は片目しか見る事ができませんでした。普通に見えていれば問題ない事が2人で一つの目しかなくて、日常の大変さを子供の頃よりみてきました。3歳下の妹が生まれた時も交換輸血が必要で40日位保育器に入っていました。それが3歳の時に経験して心に残っています。それから母も病弱でした。まずはそんな環境に生まれました。

上原 3歳までの記憶は残っていない方も多いと思いますが、それほど深く心に刻まれたんですね。

田畑 それから思春期を迎えた頃に腰痛や肩こり、通常であれば普通の疲れなんですけど、このくらい大丈夫と思っていましたら歩行する事ができなくなってしまいまして、普通のことをやろうと思ってもできない青春時代でした。けれど夢もあって、ちょうど昭和の時代はファッション業界が時代をリードしていた時で、ファッション業界の中でもパターンがひきたくて、18歳の時に文化服装学院に入学しましたが腰が立たなくて挫折しました。ただ諦めきれなくて、ファッションコンサルタントのアシスタントとして仕事させていただけることになりました。しかし当時はワープロで資料を作ったりしていましたが、やはり腰が原因で続ける事ができなくなってしまい。カラダが普通に動かないと何一つ前に進めない壁にぶつかり、この弱い腰がどうしたら普通になるのかを勉強しはじめたんです。

上原 具体的にはどんな勉強を?

田畑 もちろん勉強の前には色々な病院や治療院などで診ていただいたりもしましたが、よくなることはありませんでした。痛みから解放されたい一心でしたので、必死に原因を勉強したいと、東洋医学の経絡や気、アメリカのカイロプラクティックのような骨格、キネシオロジーなどの筋肉などをトータル的に教えている学校がありましたので、すぐに入学しました。しかし人間のカラダは複雑で知識や癒す技術を修得しても、まだ他の療法やエビデンスがあるのではないかと、今もそうですが、それから勉強が続いています。自分自身の痛みをとるために始めた勉強でしたが、不定愁訴の原因と解消するための世界に嵌まっていきまして今に至ります。

上原 こちらでは先生が経験してきた経験、そして勉強してきた数々の知識と技術、引き出しの数からクライアントさんに向き合ってくださるんですね。今はもう腰は大丈夫なんですか。結局原因は何だったんですか?

田畑 おかげさまで腰は治りました。一般的には、骨が弱い、筋肉が増えない体質だとか言ったりしますが、結局のところ思い癖、業界的な言い方ですと潜在意識、今はトラウマという言葉は一般的になってきていますが、例えば、自分で自分の事が好きでない部分、そういうことに思春期は向き合う事があると思います。自分自身を肯定できなかった気持ちが自信のなさなどがカラダの中に刻印され、その人の弱いところに影響されています。これはスピリチュアルとは関係がありません。最近では量子生命科学という分野で研究がされているんですが。

上原 よく「どこに行っても良くならない!」という言葉を聞きますが、物理的な原因の他に心の記憶みたいなものが不定愁訴と大いに関係していると。

田畑 はい。これまで30年間延7万人の方を診てきて、痛みの原因であろうことなど、過去や根源となる事柄についてお話ししている中で、痛みが出たストーリーが紐解けるようになって、ただ痛みをとるだけの施術と違って、カラダが喜んでいただけるようサポートさせていただく事で、皆さんのお悩みを解消する手助けをさせて頂きます。

上原 今はコロナの流行で皆さん大変な思いをされている方が多いと思います。何か最後にメッセージでもありましたらお願い致します。

田畑 不安と心配が免疫を下げるなんていうことも言われています。ラピスメゾン銀座としてなにかお役に立てる事があればいいなと思っています。不定愁訴でお悩みの女性はまずは気軽にご相談ください。

● ラピスメゾン銀座 代表 和手技エネルギー療法協会 代表理事 田畑直江 Naoe Tabata
東京都出身。思春期の頃に経験した原因不明の腰痛に苦しめられ、就職後に腰痛が原因で夢を諦めなければいけない思いを経験。ならば自身のカラダは自身で治そうと勉強を始め、東洋医学、カイロプラクティック、キネシオロジーなど学び治療家の道へ。1991年台東区にてラピスメゾンを開店し2000年に銀座へ移転。心とカラダの調和の普及を目指し和手技エネルギー療法協会を2017年に設立。
公式サイト:http://lapismaison.jp
和手技エネルギー療法協会:https://www.washugi.jp

上原さくら

東京都足立区出身。1995年の「第19回ホリプロスカウトキャラバングランプリ受賞」を機に芸能界デビュー。「イタズラなKiss」や「利家とまつ~加賀百万石」などNHK大河ドラマでも活躍。女優・歌手・タレントしても活動。またYouTubeで上原さくら公式チャンネルも開設、BLOGと共に情報配信にも挑戦している。公式ブログ「上原さくらオフィシャルブログ」公式YouTube「上原さくらOfficialチャンネル