夢を持って輝き続けよう!自分磨き講座を開講【自分ブランディングアカデミー協会】

自分の内面を磨き、しなやかで美しい”美メンタル”を手に入れ、自分の人生を思いっきり楽しもう!メンタルはスキル(技能)。必要なトレーニングをすることによって、いつからでも誰でも、強くすることも改善することも可能です!


滝沢 自分ブランディングアカデミー協会とはとのような活動をされているのでしょうか?


柴田 女性のメンタリティー向上支援として自分の内面を磨き・鍛えるという講座を開催しています。ママが笑っていると、家族にも笑顔が広がりますよね。ママが前向きだと子どももチャレンジ精神旺盛になったり。やっぱり女性の影響力は大きいって思っています。協会としてはインストラクターの養成も手がけております。

滝沢 柴田さん自身もカウンセラーなんですね。

柴田 心理カウンセラーでもあり、メンタルコーチ、人材育成トレーナーとしても仕事をしています。オリンピック選手のメンタルトレーニングを始めとして、幅広い分野での”メンタリティーの向上支援”に関わらせていただいています。


滝沢 アスリートのサポートもされているという事ですが、何かご自身ではスポーツの経験などがあるんですか?


柴田 私自身は体育大学の出身で、当時はかなり本格的にスポーツをやっていました。

滝沢 種目はなんですか?

柴田 硬式テニスです。大学生の時にスマッシュボールが目にぶつかるというアクシデントで目を負傷しました。手術も受けましたが、完全に元には戻りませんでした。その時には大きな挫折感を味わいましたが、今となってはそのことがきっかけで、そこから本格的にメンタル面を専門にしていこうと思うようになり今の仕事に繋がっていますので、きっと私の人生には必要な出来事だったのでしょうね。

滝沢 それからどんな勉強をされてこられたんですか。

柴田 スポーツに特化した大学と言うこともあり、学内には様々な競技のオリンピック選手がいました。オリンピック選手って、日々どんなトレーニングをしているのだろうと思っていたところ、身近にいた選手がメンタルトレーニングをしていることを知りました。当時は今ほど認知もされていなかった分野だと思いますが、”心”をトレーニングするための学問”があることを知りました。学問として学んでいくと、感覚でやってきたことが科学的な根拠に基づいた理論として成り立っており、純粋に面白いと思いました。当時は”心理学”でしたが、今はそれがスポーツの場面に応用した”スポーツ応用心理学”としてより専門的にメンタルトレーニングについて学べるようになっています。

滝沢 スポーツ選手のどのような点を改善するんですか。


柴田 スポーツの場面においてのメンタルトレーニングは、”本番で力を発揮する可能性を高める”ことを目的としています。緊張しやすい選手は、”緊張そのもの”の捉え方を見直すことから始めます。そもそも”緊張”自体に良いも悪いもありません。緊張=良くないこと、という認知の仕方から変えていきます。また、どういう時に特に緊張感が高まるのかなどを洗い出し、そのことが実際に起こった時にはどうするか、という対処法を細かく立てて、それを練習の時から取り入れて効果を検証していきます。メンタルトレーニングでは【思考】と【行動】をトレーニングしていくのですが、【思考】のトレーニングとしては【言葉】の力を活用していきます。例えば、大事な試合で先制されてしまった時など、ネガティブな気持ちになってしまったり、気持ちの切り替えがうまくできないことってあると思います。どんな時にネガティブな思考になるかは選手一人ひとり違いますので、まずはそれを洗い出し、どのような体験がネガティブな思考に繋がっているのか、過去の体験を振り返って認知の置き換えをしたり、また今後同じような場面が訪れた時にはどうするかなど、具体的な対処法を決めていきます。決めた対処法を練習の時から繰り返し繰り返し実践・検証していくことで、自分自身に一番効果的な方法を見つけていきます。なので、トレーニング内容は一人一人違います。

滝沢 なるほど!”これをやれば強くなる”というわけではなく、一人一人に合ったやり方を見つけていくんですね!でもアスリートのメンタル教育と一般の女性のメンタルは違うように思いますが、その辺りはどうですか?

柴田 考え方は同じだと思います。物事にはプラスとマイナス、両方の側面があります。先ほど”緊張”についてお話ししましたが、大きな大会を控えている時に、緊張感=良くないもの、と捉えるか、緊張感=選ばれたもののみが味わうことのできるもの、と捉えるか、全く違うと思います。子育てにおいては、子どもの思考(捉え方・物事の観方・考え方)は身近な大人の影響を受けていると言われています。捉え方によって、目の前の出来事をどう捉えるか、力を発揮できるか否か、って違うと思いませんか?当協会では、子育て中の方に対して、お子さんの自己肯定感を高め、やりたいことには思う存分挑戦していけるような声掛けや関わり方などもお伝えしています。自分のかかわり方によって子どもが良い方向に向かうと、親としての自信にもなりますからね。そのことによってさらに子育てを楽しめるようにもなり、それが笑顔にも繋がっていきますよね。”どんな状況下においても自分で自分を良い方向に導く”セルフマネジメントスキル”の習得を目指した自分磨き講座を開催させていただいています。

滝沢 なるほど!今の時代には本当に必要な事ですよね。ところで柴田さんは、企業研修などもやっていらっしゃるということなのですが、これまでどれくらいの方と関わってきたのでしょうか。

柴田 私は現在、パラレルキャリア(同時に複数の経歴を磨く働き方)という働き方をしており、会社員としての仕事と個人事業を並行して行っています。どちらも”人材育成””メンタリティ向上支援”を行っており、これまで20年以上に渡りトータル30000人以上の方と関わらせていただきました。企業研修では、モチベーションアップ研修、マネジメントスキル研修などクライアントのご依頼内容によってオリジナルのカリキュラムを作成し研修を行っています。また、”キャリア教育”として大学での講義も持たせていただいています。長い間人材育成に関わってきた経験から見出したこと、そこにコーチングやメンタルトレーニングの分野、心理カウンセリングスキルを合わせたものを講座として開催しています。その講座を受講してくださったことによって大きく人生が変わった方々が「今度は、誰かの役に立てる存在を目指したい」と言ってくれたことが、協会を設立しインストラクターを養成するきっかけとなりました。いくつになっても、ママになっても”夢”があるっていいですよね。

滝沢 今は女性を中心とした自分磨き講座をされているそうですが、なぜ女性を対象に?


柴田 先ほども申し上げたように、人が自己肯定感を形成する上で、母親(女性)の影響力は大きいと思っています。そういうデータもあります。母親が心配性だと「あれば大丈夫?」「これは大丈夫?」と、心配の仕方を教えてしまっているようになります。心配自体は”備え”にもなりますから決してダメな事ではないのですが、心配と不安を前提にした関わり方が増えてしまいますと、やはり目の前のことを楽しむ力は育ちにくいと思います。それにはまずお母さん自身の自己肯定感を高めていく事、自分自身の心の状態を整えることが大事になると思います。特に受験期などになると、お子さん本人より親御さんの方が不安になっているケースもあると思いますので。


滝沢 柴田さんの講座で心のトレーニング、内面を磨いていくためには、どれくらいの時間が必要ですか?

柴田 当協会では、現在2つの自分磨き講座をご提供させていただいております。(インストラクターを目指される方には別のプログラムを用意しています)一つは、自分磨きマインドアッププログラム~健やかで美しい心美人を目指して~。こちらは全6回(1回2時間の講座3回とお茶会ミーティング3回)。インストラクターが担当する講座です。もう一つは、自分ブランディングプログラム~揺るがない自分軸と艶めいた未来を創る8daysメンタルトレーニング~。1回2時間で計8回、合計16時間の講座です。こちらは私が担当させていただいています。どちらも二週間に一回程度のペースで開催しています。習慣を変えるには、やはり時間が必要ですからね。

滝沢 心の問題って複雑で個々に違いますよね。


柴田 そうですね。誰にとっても”こんな風に考えれば正解”みたいなのはないだけに難しい分野だと思いますが、傾向やパターンというのはあります。例えば、自分に自信が持てていない方は”決める事が苦手で決めてもらった方が楽”、という傾向があります。自分の人生を人に決めてもらうと責任は持たずに済むから大変な思いはしなくて済みますが、だからこそ自信はつきません。自信とは字のごとく自己信頼のことですから。このように”こういうタイプの人はこういう行動・選択をしがち”というパターンというものがありますので、まずは自分に根付いている不要な思考のクセを整理し必要な修正をしていくことで、気持ちに余裕が生まれ、視野が広がり、やってみたいこと等が見つかり、それに打ち込んでいることで輝きを放つようになります。人が何かに夢中になっている時って、輝いていますよね。

滝沢 講座は宇都宮エリアが中心ですか。


柴田 今はオンラインで開催していますので、全国どこからでもご参加いただけます。海外の方にもご参加いただいていますので、そういう意味では本当にありがたいご縁が広がっています。またコロナが落ち着いた際には、対面での講座やセミナーも各都市で行なっていく予定です。自分を変えたいけど何から始めてよいのかわからない、と言う方、是非お待ちしています。

自分ブランディングアカデミー協会 代表理事 柴田寿美代 Sumiyo Shibata
20年以上総合人材サービス会社に勤務し、人材育成トレーナーとして年間約150回の企業研修、就職支援等のセミナー開催しこれまで30000人以上の育成・支援に関わる。また、スポーツ心理士として東京オリンピック日本代表選手のメンタルトレーニングにも従事。2018年に自分磨きSoleil~ソレイユ~設立、2019年に自分ブランディングアカデミー協会を立ち上げ代表理事へ。
スポーツ心理士・メンタルトレーニングスペシャリスト・心理カウンセリングスペシャリスト
★自分ブランディングアカデミー協会公式サイト:https://selfbranding-academy.jp

滝沢沙織

1999年にユニチカ水着キャンペーンガール選出され、2004年フジテレビドラマ「プライド」や「マルモのおきて」、テレビ朝日ドラマ「DOCTORS 最強の名医シリーズ」など数々のドラマ出演。また「秘密のケンミンSHOW」、「林修の今でしょ!講座」などのバラエティーでも活躍!NHKBSプレミアム「晴れ、ときどきファーム」レギュラー出演中!
★インスタグラム:@saori_takizawa.official
★YouTube:滝沢沙織の部屋