目標を達成する事の楽しさ、踊る楽しさを伝えるバレエスクール【佐藤朱実バレエスクール】

 牧阿佐美バレエ団でプリンシパルとして活躍された佐藤朱実先生が、千葉県船橋市に立ち上げたバレエ教室です。初心者の方からプロを目指されている方まで幅広く指導されており、専門技術だけでなく情操教育の一環として、また美容のために体幹を鍛えることで美しいプロポーションを手に入れることができるはずです。


滝沢 バレエを始められたきっかけをお願いします。

佐藤 もともと姉が内股を治すために、バレエを習い始めたのがきっかけでした。習い始めてから踊るのがとても好きになり、気がついたらバレエ一筋にのめり込んでいった感じです。

滝沢 バレエというとつま先立ちなど、習得が難しいイメージなのですが、いかがでしょうか?

佐藤 そうですね。きちんと正しい訓練をしていないと怪我に繋がります。トウシューズを履くのは子供では大体10歳くらいからが目安ですが、始めてすぐは履けませんので最低でも1年以上は基礎をきちんと習わないとなりません。また、精神的な強さも指導によって養えます。バレエは芸術ですが、精神的強さを鍛えるという点ではスポーツと似ているかもしれません。気が強いくらいのお子様の方が長続きするかもしれないですね、私自身がそうでしたので(笑)。

滝沢 そうなんですね、たしかにバレエの舞台はとても感動的でストーリーに引き込まれます。しかしその裏では血の滲むような努力があり、完成したものであると。確かにアスリートの一種のような感じですね。

佐藤 私自身4歳で始めてから学生時はコンクールにも出場し18歳でバレエ団に入団しました。その後すべての舞台に出演し、たくさんの作品にも出演させていただきましたが、2008年に怪我もあり引退しました。自分が経験してきた事や、バレエという芸術の素晴らしさを少しでも多くの方やバレエに夢を持っている子供達に伝えて行きたいと思い、両親の住んでいる千葉が良いと考えて船橋にスクールを開校しました。

滝沢 生徒さんの年齢層はどれくらいですか?

佐藤 生徒達は3歳〜プロを目指す子供もいますし、大人の方は子供の頃に習っていたりなど経験の長い方やあまり経験のない方もいらっしゃいますのでそれぞれに合ったクラスを設けております。実際には下は2歳半から上は60歳代の方までいらっしゃったこともあります。
まずは気軽に体験レッスンで雰囲気を感じていただき、身近なところからクラシックバレエを通して芸術に触れてほしいと考えております。

滝沢 バレエを習われている方って姿勢も良いですし、体型のバランスもすごく良いですよね。

佐藤 そうですね、正しい指導でレッスンを行えば筋肉も綺麗に付いてきますので見た目も美しくなります。趣味や美容のために始められる方には体幹を鍛える事で、美しい姿勢や所作が身につくよう基礎から指導しております。お子様に対しては専門技術だけではなく情操教育の一環として、道徳心や思いやりの心を持てるよう丁寧に接しながら個性を伸ばし、創造力や人間力も豊かに育っていくよう心がけています。

●佐藤朱実 Akemi Sato
北海道出身。4歳よりクラシックバレエを始め函館バレエアカデミー佐竹道子、館石昭子に師事。7歳より、ちだとしこバレエスタジオ ちだとしこに師事。10歳より橘バレエ学校に入学し、牧阿佐美、三谷恭三、沢田加代子に師事。 在学中、国内のバレエコンクールにて多数入賞。日本ジュニアバレエ、AMステュ―デンツ第7期生。1992年橘バレエ学校卒業と同時に牧阿佐美バレエ団入団。同年フランスのラ・ボールで行われた国際フェスティバルにて「パキータ」「バッロ・デッラ・レジーナ」に主演。帰国後、青山バレエフェスティバルにも同作品で出演。翌年、牧阿佐美バレエ団定期公演「くるみ割り人形」にて雪の女王に抜擢される。その後1996年に本格的に主役デビューを果たし数々のソリスト、主役など重要な役柄を務めプリンシパルになる。入団後全ての公演に出演し様々な演目を演じるが、2008年9月怪我の為現役を退く。同年5月に佐藤朱実バレエスクールを開校。
公式ホームページ:https://akebs.net

滝沢沙織

1999年にユニチカ水着キャンペーンガール選出され、2004年フジテレビドラマ「プライド」や「マルモのおきて」、テレビ朝日ドラマ「DOCTORS 最強の名医シリーズ」など数々のドラマ出演。また「秘密のケンミンSHOW」、「林修の今でしょ!講座」などのバラエティーでも活躍!NHKBSプレミアム「晴れ、ときどきファーム」レギュラー出演中!
インスタグラム:@saori_takizawa.official