A&G



田中  お庭やエクステリア工事の設計が専門とお聞きしております。始められた経緯などお聞かせください。


杉本 起業する以前は住宅メーカーに長年勤めておりました。住宅の場合は住宅ローンを始め非常に多くの業務がありますし、お客様の関心も間取りであったりインテリアであったりと、どうしても建物中心のお話しが多くなります。そんな中でも住宅計画全体を出来るだけご理解いただくように努めますが、やはり”木をみて森を見ず”という流れになりがちです。このことは建築側だけの問題ではなく世に出回っている情報の問題もあると思っています。住宅においては様々な情報があると思いますが、庭から始める家づくりという観点にたった情報はほぼ皆無に近いです。将来的には、そうなっていくことを望みますが、現在はそうではないので不満ばかり訴えても何も解決はしませんので、住宅計画の最後に位置付けられている外構計画であっても何とか”終わりよければ全て良し”に出来ないものかと考えると住宅に携わっているよりは、外構専門として携わる方が、ダイレクトにその問題を解決しお客様のご満足に繋がると思い起業しました。


田中 長年住宅メーカーにいらして、住宅ではなくお庭にフォーカスされた理由というのは?


杉本 大学時代に建築の勉強をしている際に建物以上に庭に目がいっていました。第一印象で素敵な家だと思うと必ず庭が素晴らしいんです。なので家=庭という感覚でしたが、実際に住宅業界に入ると予想していた以上に物(建物)を売る業界であることに驚きました。夢を売るはずが・・・(笑)それもそのはずで、庭から作るのではなく建物から作りますので最重要項目が、建物の金額になってしまうんです。それと・・・始めに建築側が主導して、全体の予算を割り出しますので、限られた予算(ローン)の中で建物必須となると、必然的に残りの金額が決まってしまうんです。根拠のない適当な予算で組まれた外構予算となると、当然お客様の想い描いていた住まいのイメージと違うわけです。仕方なく余った予算の範囲でやらなければなりませんので、やりたいことが出来ず、そのままストレスを抱え終わられる。といったケースが本当に多いんです。建築業者側も当然自覚していますので、予算が苦しくなるとお庭はお客さまの方でご自由にという感じで・・・一見営業的じゃないので親切な営業さんと思われるかもしれませんが、内情は違うことが殆どです。それとセンスのないデザインが多くお客様が可哀想だと思ったことも大きな要因です。プロとしての提案が少なすぎなんです。 お客様のニーズにお応えする為には言われた通りに作るだけでなく、お客様自身が気づかれていない潜在的な部分も引出す必要があると思いますが、そのような進め方をする業者は見たことがありません。採用する素材一つとってみても愛着をもって、お住まい頂く為に徹底的にこだわったものをセレクトすべきだと思いますが、そうする業者は殆どありません。一般にあまり扱われていない商材を入手したり、ご要望にお応えする為には完全オリジナルなオーダーメイド(ウッド・アイアン等)も手がける必要性を感じました。


田中 御社はそこまで徹底されているんですね!それと、庭は建築とは別注という感じで受け止めたほうがいいんですか?

 

杉本 はい。素材は特にこだわりますよ(笑)注文についてですが、表向きはメーカーで受注したとしても、工事は外部の会社に依頼していることが殆どです。最近ではメーカー内で外構部門を持っているとなっていることも多くなってきましたが内情は下請けに流しています。当然ながら同じ社内でも売り上げが別ですのでそれぞれに経費が発生します。メーカー⇒社内外構部門⇒下請け会社⇒職人という構図です。


田中 いろんなところに経費がかかってくるんですね。知っていればその分、他の事にお金をかけられるんですものね!玄関周りやお庭ってその家の顔になる部分ですし、とてもやりがいのあるお仕事ですね。お願いするときの流れというのは?


杉本 はい。実態がわかるとお客様に申し訳ないと思うようになります。お金の使いどころは間違いなく変わります。お打合せの流れは、まずはご要望をお伺いします。物件の資料や現場を拝見し詳しいお話をお聞きします。その後、設計デザイン図面を作成しご覧いただきます。話し合いながらご納得いただくまで細かな所を詰めていきます。


田中 契約を交わすのはどのタイミングになるのでしょうか?


杉本 設計デザインと金額にご納得いただいた段階でご契約頂いております。業界では平面的な資料が多いのですが、当社の場合はイメージをリアルにお伝えできるように、立体的なグラフィック3Dで提示させていただいております。


田中 デザインが出来たときには、お見積もり料みたいなものは発生するんですか?


杉本 そういったものは一切いただいておりません。デザインが出来て、ご契約迄至らなくてもいただくことはありません。ご提案の機会を頂けることに感謝していますので。


田中 では手付金もないんですか?


杉本 ありません。契約金もありませんが、工事を着手するときに着手金というのはいただきます。先に材料買いますので。(笑)見積もりはとにかく明瞭でガラス張りであることを心がけています。図面・見積もりは無料ですので、単純に材料費と職人さんが何日働くかが見積もりの中心になります。見積書は業界の常識ではなくお客様目線を大事にしとても細かく単価をお出ししています。


田中 工事一式とかでは無いんですね(笑)わかりやすい御見積書はお客様にとっては必須条件ですね!


杉本 当たり前ことなんですけれどもね。(笑)材料費などに関しても私自身常にお客様目線を持ちたいので楽天さんの方で「Gardens Market」というセレクトした商材を扱うネットショップをやっております。ネット業界は大変シビアです。勿論価格が全てではありませんが、価格競争でも対応出来ないとお客様には満足していただけないと思っています。仕入れ値をいかに安くするかという観点ではネットショップを展開することで、多くの商材を扱うことで、仕入れ先からの信頼と実績を積むことが出来、結果他社よりも安く仕入れる事が可能になっています。それと世の中に出回っている様々な商材の情報が入りますので、お客様に数多くの選択肢をご提供できることも大きなメリットです。ですが他社のショップで、たまに凄く安く出品している物があったりすることもありまして、お客様から「ネットで安いものを見つけたんですが」とお聞きしたときは迷わずそちらのサイトでの購入をお薦めしております。安い方が良いですから。どんな物でも、お客様がお持込されたものは気持ちを込めて施工しています。


田中 本当に消費者目線でアドバイスいただけて心強いですね!お庭が専門ではいらっしゃいますが、建物についてのアドバイスなどもしていただけますか?


杉本 はい、ご相談いただければ自分の経験を出来る限りお伝えするようにしています。現在でも住宅メーカー時代の仲間から情報交換していますし、現役時代以上に様々な建築業者さんと知り合う機会が多いので、住宅業界の実情や内情はよく聞いていますので。打ち合わせに集中しますと見えなくなる部分もありますので、客観的な意見をできるだけさせていただくようにしています。


田中 今後の目標などお聞かせください。


杉本 経営者として矛盾があるかもしれませんが必要以上に会社を大きくしない事です。大きくするとどうしてもそれなりの売上が必要になります。そうなると1件に集中しずらくなりこだわることも出来なくなりますので、ブレることなくお客様のために価格を抑えた満足頂けるシステムを維持し続ける事が目標になりますね。そうすることで価格を抑えながら、末永く使えるいいもの(本物)をご提供出来ますので、そのように今後も進めていきたいと思っています。


田中 地域としてはどのあたりの地域までの依頼をお受けいただけますか?


杉本 職人が伺えるところでしたら何処でもお受けできます。まずは一度ご相談していただければと思います。一応目安としては神奈川県内ということにしておりますが、都内も実績もありますし十分可能です。


田中 依頼をさせていただく場合、打ち合わせをさせていただいてから図面が出来上がるまでの期間というのはどれぐらいでしょうか?


杉本 基本的にはスケジュールはお客様のご希望にお応えするようにしています。作業的には一週間以内です。遅くても2週間ですね。当日に仕上げてメールで見ていただくことも多いです。


田中 早いですね!いろんな情報やアドバイスも細やかにしていただけて、しかも大手と比較して3割近く価格を抑えられるそうですね!それでは、外構を考えていらっしゃる方に向けてアドバイスなどお願いします。


杉本 ご新築の場合は限られた予算の場合もあると思いますが、焦って全てをやろうとせずに優先順位を明確にした上で、出来るところから妥協せずにやることをお勧めします。建物と違い、一度に全部ではなく徐々にという事が可能です。その場合、完成形をしっかりと計画し一貫性をもって進めていくことで、将来的に満足が出来ると思います。一度に全部やらないといけない場合は、極力無駄なコストをかけないよう、売り手側の都合(中間コストなど)に合わせないよう細心の注意が必要です。既にお持ちのお庭や外構の場合で、劣化したり壊れてしまった場合などは、工事範囲が明確だと思いますので、素材と価格を見極めて計画されるといいと思います。それ以外の場合は、既存のお庭をやり替える事でプラスになるかどうかがポイントだと思います。イメージだけ先行してしまいお金はかけたけど満足出来ないというケースも良く耳にします。とにかく納得されるまで計画されることをお勧めします。

 



●A&G株式会社

ガーデニング・エクステリア・外構・デザイン・施工

住所/ 神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1−3−28

TEL/0466-86-5780

FAX/0466-86-5781

 

 

お問い合せの際は
「リビングライフを見て」というとスムーズです。

A&G Facebook


ガーデニング&エクステリア用品の

セレクトショップ「Gardens Market」♪