カウンセラーが勉強に通うカウンセリングスクールとは?

谷 カウンセリングを始められてからは、長いんですか?


中原 カウンセラーとして活動を始めたのは2001年からになります。キッカケとは、元妻が最初心理学の勉強を始めたのがキッカケで、勉強してみないかと誘われまして、始めてみたら私の方がハマってしまいました。


谷 カウンセラーになられる前は?


中原 今も続けているのですが、環境調査の仕事をしています。カウンセリングスタディースクールは、スクールと名乗っていますが、一般のカウンセリングと、カウンセラーがスキルアップを目的に勉強する寺子屋形式のスクール、この二本柱で展開をさせていただいております。


谷 一括りにカウンセリングと言いますが、カウンセリングも先生によっては色々な方法がありますよね。


中原 そうです。様々なカウンセリング法があります。日本では一番有名なのが傾聴法ですね。お話を聴くというのが主流になります。他には、私のカウンセリングの基本になっている「論理療法」とか「認知行動療法」といいまして。要するにお話を聴くだけでは無く、お話をさせていただく中で、色々な矛盾点や疑問点を拾い上げていきます。それを現実にフィードバックしていくというカウンセリングをしています。その他でしたら、私はやらないですが、「過去は一切省みず、未来だけをみていく」なんていうカウンセリングもあります。


谷 (笑)それは相談者に合わせて、変えていかれるんですか?


中原 はい。なぜ沢山のカウンセリング法があるかというと、実はカウンセリングでカウンセラーが言っていることは、基本は同じなんですよ。そんなに違うことは言っていません。ただ表現方法やアプローチを変えることで、クライアントさん達が受け取りやすい形に変えていくというのが、とても大事です。いってしまえば、ダイエットと一緒なんですよ。どのダイエットを試してみても、痩せられる方は痩せるんですよ。しかし手を替え品を替え、形を変えることで、自分にあったダイエット法を見つけていくみたいな感じです。


谷 先生がこれまでカウンセリングされてた中で、一番多いお悩みを教えてください。


中原 一番多かったのは、実は不倫なんです。一ヶ月全て不倫の相談なんて月もありました。


谷 すごい!(驚)それは女性の相談者ですか?


中原 全員です。不倫している人、不倫されている人など不倫に関わる人全員です。私の場合、電話によるカウンセリングが中心ですので、相談しやすいみたいです。(笑)彼氏をゲットしたい人、清算したい人、別れさせたい人、今までありとあらゆるケースの相談に対応してまいりました。


谷 人生相談に近いですね。


中原 そうですね。やはりカウンセラーですから、心理学的なアプローチをしていく形にはなっていきます。もちろん人生相談みたいな形になることはありますが。


谷 その不倫についての心理を少しお伺いしたいのですが、例えば旦那さんの浮気をどうにかしたいという方は?


中原 そうですね。浮気をされた方の場合ですと、まず最初に「怒り」があります。旦那様に対して別の女性が横恋慕するわけですから、相手の女性に対しての怒りと、妬みや嫉妬というのを持つのと同時に、実は自分をすごく責めている部分もあります。自分が至らないから浮気された、とね。同時にご主人に対して怒りが向くケースもあります。しかし、どこかで、もう一度ご主人を自分のもとに引き寄せたいという思いもあるので、愛情もあるし、憎しみもあるし、自責の念もあるし、思考が混乱してる状態です。


谷 葛藤がおきているんですね。


中原 やはり、どうしても旦那様と別れたくない。という方が多いですね。


谷 それは、お子さんがいらっしゃるとか。経済的な理由があったりですか?


中原 それもありますが、純粋にご主人を愛しているからという部分もあります。失う事や捨てられる事への恐れ、とかもありますけどね。