安田クリニック



遠藤 カラフルな椅子が並んでいて、病院の待合室というよりもオシャレなオフィスみたいですね。


安田 患者さんにとって、どんな医療でも診療を受ける場合に待ち時間は不安だと思うんですよ。これは病院サイドにとっても診察までの時間をどう過ごしてもらうかでホスピタリティの質が問われています。個性の違う椅子を用意して、どの椅子に座るかを患者さんの意志で選んで頂いて、時間をすごす方法から見つけて頂く事から入って頂きます。


遠藤 ロケなどで病院にいく事があるんですけど、病院の雰囲気だけで、元気なんだけど調子が悪くなる事がありました。病院の空間はとても大切ですよね。


安田 そうですね。病院には病気を治すという側面もありますが、健康を守るというのが医療にとっては大事なんです。気軽で身近な病院は、健康な人達にとっても居心地のいい空間にしてあげないと、最先端の医療の恩恵を還元出来ないのではないかと思っています。敷居が低くくなっていることによって、、「健康だけと思うけど」検診にくる。それが早期発見につながり、体への負担の少ないチャンスにも繋がると考えているからです。


遠藤 安田クリニックさんでの診療科目について教えて頂けますか。


安田 私の専門は外科と消化器外科ですが、私の目指す医療は地域に根ざしたクリニックです。風邪でも何でも体の不調については、何でも診察させて頂いています。よく皆さん風邪は内科?胃痛は胃腸科内科かな?と症状で診療科を選ばれている方も多いと思いますが、私の場合は何でも相談にのりますよ。患者さんには「嫁・姑・恋愛の悩みまで」なんて冗談で言っていますが、実際に診療させて頂いて、私の苦手な事、専門外の事は、その分野の専門医への橋渡しを的確に行なってあげる事が大切だからです。私はここ浜松医科大学を卒業し、浜松医大の付属病院や地元の大病院にも勤務していましたので、それぞれの分野で優秀な先生方とも交流がありますので、些細なことでも気軽にご相談下さい。


遠藤 身近に先生のような、何でも相談出来る「かかりつけ医」の先生がいると安心ですね。


安田 以前、医療過疎の街で勤務医をしていた時期がありました。観光やイベントなどでは、人が集まってくる事で有名な街でしたが、医者が全国平均の半分以下しかいない。そんな街で、自分達が開かれた存在であると、患者さんに認知して頂かないと、地域の人達は守れないと勉強させて頂きました。それがこのクリニックを開くときのベースとしてあり、開かれた町のクリニックを目指して行く事になっていったんです。


遠藤 大腸ガンや胃ガンなどの内視鏡検診にも力を入れているそうですが、生死に関わる医師として保たなければならないエネルギーってすごいですよね。


安田 患者さんと痛みを共有させてもらう事は、仕事としての喜びという側面が、どこか本質的にあると思います。当クリニックでは、ガン患者様の終末期医療すなわち在宅緩和医療を行なっています。人生最後を自宅で迎えたいという患者様は多いんですよ。その患者様のこれまでの人生、私を最後の医者に選んでくれた重みなど、医者というのは不思議なやりがいのある仕事ですよ。


遠藤 地域の方へのメッセージをお願いできますか。


安田 人にとって病気とは、身近な問題として位置づけて置く事が大切です。それから最近話題ににもなっている禁煙外来も当院で行なっていますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 



●安田クリニック

消化器外科・肛門外科

住所/ 静岡県浜松市北区都田町9307-24

TEL/053-428-8311

■診療時間■

9:00~12:00

15:30~18:00
休診日/日曜・祝祭日

お問い合せの際は
「リビングライフを見て」というとスムーズです。

安田クリニック