加圧トレーニング

 

大西 トレーナーになられたキッカケはなんですか。


清水 私はスポーツ好きの少年でして、ただケガが多くて最高のパフォーマンスが出せなくて悔しい思いをして来たんですよ。そこで中学生くらいのころからトレーナーになりたいと思って勉強していました。開業する前には、スポーツ選手を診てたりもしたんですが、一般の方々の身体を診る仕事もおもしろいなと思い、パーソナルトレーニングジムを開きました。


大西 では、キャリアはこの道一筋っていう形なんですね。専門性が高そうです。高校を卒業されてすぐ、トレーナーになられたんですか?


清水 高校を卒業したあと、アメリカに留学しました。日本で言うスポーツ科学学部で勉強してから帰国しました。英語もままならないまま向いましたし、途中休学してお金を貯めたりしたので留学期間以外にも2年追加で合計7年半アメリカと日本をいったり来たりしていました。


大西 トレーナーとして、どんなこだわりを持ってらっしゃるんですか?


清水 まず当然のこととして、お客様それぞれの「なりたい自分」を叶えることですね。痩せたい、ボディメイクしたい、身体の不調を改善したいなど、さまざまなお客様いらっしゃいます。それぞれに合ったトレーニングと生活習慣のアドバイスをしていきます。食生活で言えば、皆さんが陥りやすいのは「食べなければ痩せる」と言う極論です。確かに痩せることは出来ますが、続けることが出来ません。「続けられる範囲で」努力するべきなのはもちろん、更に私が付け加えたいのは「続けられる範囲」が皆さんそれぞれ違うと言う事です。出勤時間、睡眠時間などを考えれば明らかですが、全ての人は個々に生活習慣の違いを持っています。だから皆さんにオススメする方法なんて言うのはないと思っているんです。


大西 確かに言われてみればそうですね。それに画一的なオススメをするんであれば「パーソナル」ではなくなってしまいますよね。


清水 そして、最も私が強くこだわるのは「学んでもらう」ことなんです。ジムによっては食事の管理をガチガチにやって成果を出す所もありますが、私はアドバイスはしても管理までは致しません。なんでかって言うと、プロの私のアドバイスを聞きながら、生活の中でご自身の体のことを理解していって欲しいんです。今週はこれをやったから効果が薄まってしまった、これを我慢したからいい結果が出た、これは我慢する必要無いんだって言う感覚を探り探り、ご自身の体と対話しながら身につけていって欲しいんです。そこで獲得した感覚をもとに、習慣化していって貰えれば、必ず維持できるんです。だって自分で編み出した習慣なんですから、トレーナーに押し付けられた習慣とは大きく違います。こうした学習体験を促すことが、私の仕事だと思っっています。


大西 ジムと学習とは、一見縁遠い気もしましたが、納得です。一時的な効果でやめてしまうのではなくて、清水さんを先生に見立てて、なりたい自分になるためのスキルを自分で身につけていくわけですね。一生の宝になる知恵と経験が積めそうです。


清水 あとはメンタルづくりですね。学校の体育授業の画一的な指導で運動が嫌いになってしまって、そのまま大人になった人も多いと思います。そういう方がジョギングを続けられるかっていうと、そもそも運動が嫌いなわけですから、まず続きません。有酸素運動を始める前に、体を動かすことの面白さを実感してもらって、楽しんで運動するメンタルを作っていきます。


大西 私は苦手な方でした!跳び箱とか・・・。運動への苦手意識が付いて回っていては何も続かないですよね。中でも加圧をされているのはなぜですか?


清水 負荷も少なく済みますし、何より週1回30分から始められることが理由ですね。お忙しい方や運動が苦手な方が続けられるトレーニング形式が加圧だと思っています。筋トレを追加したコースもありますが、週30分の加圧でもしっかり効果は出ます。毎回体重を測って、1週間のおさらいをしてあげることで、お客様はご自身の生活を客観的に見直すことができるんです。


 

↑代表からのご挨拶が動画でご覧いただけます↑

■スクールデータ■

Yosuky's Gym(ヨースキーズジム)

住所:東京都立川市柴崎町3-5-8 名取ビル302 詳しい地図は>>>

オフィシャルサイト:https://www.facebook.com/Yosukysgym/

■アクセス

立川駅南口より徒歩3分。

このエントリーをはてなブックマークに追加